スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(61)“讃岐にもある後醍醐天皇の息子の足跡と新田義貞一族の物語

  正中元年(1324年)、皇位継承についての鎌倉幕府の裁断に不満をもっていた後醍醐天皇は、幕府を打倒しようと画策します。しかしこの計画は露見して天皇の側近らが処分されます。これを正中の変といい、後醍醐による最初の討幕活動でしたが、この変では、幕府は天皇に対して何の処分もしませんでした。

 天皇はその後も密かに倒幕を画策し、比叡山の僧兵を味方につけるために、天台座主に第一皇子・護良(もりなが)親王を任じ、その後任に第三皇子・宗良(むねなが)親王を任じます。なお出家後に親王位を得た皇子のことを法親王(ほっしんのう)といい、護良親王は尊雲(そんうん)法親王宗良親王は尊澄(そんちょう)法親王ともいいます。

 元弘元年(1331年)、再度の倒幕計画が発覚し、天皇は身辺に危険が迫ったため御所を脱出して笠置山(現・京都府相楽郡笠置町内)に篭城します。護良、宗良親王はともにこの計に参画し、比叡山の僧兵を指揮して幕府軍と戦い大いに活躍します。しかし、幕府軍の圧倒的な兵力の前に笠置城は陥落し、天皇主従は捕らえられ、天皇は隠岐へ、尊良親王は土佐、そして宗良親王は讃岐へと配流になりました。これを元弘の乱といいます。

 宗良親王は讃岐守護長井高広の警護で京を発ち、元弘2年(1332年)3月11日の夕刻兵庫に到達しました。土佐へ流される兄の尊良親王もちょうど兵庫に着いたので、宗良親王が「今までは同じ宿りを尋ね来て 跡無き波と聞くぞ悲しき」と別れの歌を詠ったところ、尊良親王から「明日よりは迹(あと)無き波に迷うとも 通う心よしるべともなれ」の返歌があったといいます。

 宗良親王は兵庫から陸路山陽道を西下し、加古川の東岸の野口に到着します。ここで父の後醍醐天皇も隠岐へ流される途上にあり加古川の宿に滞留していました。しかし会うことは許されず、親王は「むなしく返り給う御心の中 耐え難く乱れまさるべし」とそのときの心境を詠っています。

 備前国を経て、宗良親王は児島吹上(現在の下津井)から舟で讃岐詫間に上陸したといわれています。(ただし、松山の津(現在の坂出市林田)に上陸したともいわれています。)

 親王は荘司の詫間三郎という者に預けられ、しばらく海辺に近い地に滞在したと伝えられています。ここは王屋敷の地名として残り、石碑が建てられています。その後、自ら勝間郷加茂村松林(現在の三豊市高瀬町)の丘上を好まれてそこで過ごし、まもなく国府や守護所に近い阿野郡松山に移されたといいます。ここで親王は、「おもひやるこころづくしもかひなきに 人まつ山とよしやきかれじ」という歌を詠っています。

 その後、後醍醐天皇は元弘3年(正慶2年)(1333年)、密かに隠岐島から脱出し、伯耆国船上山で挙兵します。これにより各地の軍勢が、続々と天皇方に味方するようになり、足利高氏までが幕府に反旗をひるがえし、ついに六波羅探題が焼け落ちます。そして新田義貞らにより鎌倉が陥落し、ここに鎌倉幕府は終焉を迎え「建武の新政」が始められます。宗良親王も讃岐に留まること1年3ヵ月の後、京へ戻り、再び天台座主に就きました。

 しかし、建武の新政は長続きせず、足利尊氏の反乱により、延元元年(建武3年)(1336年)12月、後醍醐天皇は吉野に逃れ、その後約60年間続く南北朝の動乱が始まります。宗良親王は、征東将軍となって駿河、信濃、甲斐、美濃、越中などを転戦し、その間「新葉和歌集」の選をなし、歌集「李花集」を残しましたが、信濃で亡くなったと云われています。

 また、讃岐には南朝方の武将である新田義貞にゆかりのある人の伝承も残っています。興国3年(1342年)、新田義貞の弟の脇屋義助が南朝から四国方面の大将に任じられて伊予国へ下向します。しかし、義助は四国へ渡ってきたものの、わずか1ヵ月で病死しました。このとき、義助の息子の義治や家臣は讃岐にもやってきたのではないかと云われています。

helmet.gif 92*39



にほんブログ村 歴史ブログへ
○訪れてみたいところ

王屋敷

高津神社
 
新田神社
 
脇屋義治の墓
 東かがわ市大内町のJR丹生駅から西の山裾に脇屋義助の息子である義治のものといわれる墓があります。その傍には脇屋庵の跡といわれる石垣があります。義治の子孫はその地で代々繁栄したといわれています。
スポンサーサイト

テーマ : 香川
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

四国のブログ

FC2Blog Ranking

全記事(数)表示
全タイトルを表示
讃岐
リンク
カウンター
琴平電気鉄道
栗林公園・一宮・金毘羅に便利 !
映画DVDファッション雑誌無料ブログパーツ
カテゴリー
歴史・旅行リンク
にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村 トラコミュ 讃岐の伝説へ
讃岐の伝説
にほんブログ村 トラコミュ 高松松平藩へ
高松松平藩
にほんブログ村 トラコミュ 日本の文化へ
日本の文化
最近の記事
天気予報
高松の天気予報
-天気- -FC2-
最近のコメント
時計
出来屋の電光掲示板
QRコード
QRコード
国盗りカウンター
プロフィール

讃岐の出来屋

Author:讃岐の出来屋
おいでま~せ、出来屋のページヘ""

カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。