スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(149)“高松の地下にある謎の巨大クレーター”


 高松市南部の仏生山周辺は、高松松平藩主の菩提寺である法然寺のほか、田村神社、一宮寺、船山神社など由緒のある社寺があり、歴史を感じさせる趣が漂っています。また、ため池と里山が織りなす優れた景観の地でもあります。法然寺の裏山に登り、南の方を見ると、右手眼下に「平池」、その左方に円錐形の姿のよい小山が並んでみえます。北から南に日山(ひやま)、馬山(うまやま)、実相寺山(じっそうじやま)と一直線に連なり、そこから東へ日妻山(ひづまやま)、上佐山(うわさやま)と連なります。これらは「高松クレーター五座」と呼ばれています。

 平成元年、金沢大の河野芳輝教授らのチームは、観音寺市と高知市を結ぶ線から東側の四国において、ほぼ2キロ置きほどの間隔で重力異常の調査をしていました。そのとき、高松市と香川町の境あたりで重力異常地点を発見しました。その後、チームは6年をかけ、密度を濃くした重力異常調査のほか、磁場の強弱で地下構造を推定する地磁気異常調査、跳ね返る音の角度や時間で内部の様子を探る人工地震波反射法調査などを重ねていきました。
 その結果、仏生山公園を中心とする直径8キロの地域の下に直径4km、深さ千数百メートルのお椀型のくぼみが地下に眠っていることを突き止めました。そこから、このクレーターの内側にある5つの里山が、「高松クレーター五座」と呼ばれるようになりました。このクレーターは、容積が約196億立方メートルで、地下には約20億トン(早明浦ダム約7杯分)の水源があると推定されました。しかし、厚い堆積物が溜まって表面の大部分は周囲の平野と同じ高さの平らな土地になっているため、飛行機や山の上から眺めても盆地状の地形を判別することはできません。

 その後、研究者の間において、このクレーターの成因をめぐり、火山カルデラ説(コールドロン説)と隕石衝突説が唱えられ、論争が行われました。
 カルデラ説は、高松付近は瀬戸内火山帯に属しており、この火山帯には愛媛県石鎚山や愛知県設楽盆地などの火山性陥没構造である過去のカルデラがみられること、高松クレーター内部の掘削試料が厚い火砕流堆積物であること、隕石説の証拠となる高圧変成鉱物が未発見であることなどから、火山活動の活発化による噴火が大量の火砕流堆積物を噴出させてできた火山性の陥没構造のカルデラ跡(コールドロン)であると主張しました。そして噴火が起きたのは、1400万年から1200万年前の新生代・新第三紀・中新世中期サーラバリアン期だと推定しました。
 これに対して隕石衝突説は、激しい衝突で変化した痕跡のある岩石や、隕石由来の金属粒子、衝撃による熱で岩石が溶けガラス状になった組織が発見されたことなどから、同じく新生代・新第三紀・中新世中期で約1530万年前のランギアン期に隕石が衝突してできた衝突孔だと主張しました。そして、衝突の時期を、火山活動が活発化する数百万年前だと推定しました。
 なお、新生代・新第三紀は現生生物の多くが出現し、特に哺乳類が繁栄・大型化した時代で、その中で中新世中期は、日本がアジア大陸から離れて弧状列島になっていく頃です。

 こうして、平成15年(2003)11月24日、世界のクレーター・リストを作っている国際クレーター登録委員会(本部・カナダ)のメンバーが現地を訪れ、隕石によるクレーターかどうかを調査することになりました。しかし、隕石が衝突したという証拠がまだ不十分だという理由で、翌年5月9日、隕石クレーター国際リストへの登録は見送られました。どちらの説にせよ、高松クレーターが形成されたのは、人類がまだ存在してなかった1400~1300万年前の時代と考えられ、高松平野の真ん中に大きな地下クレーターがあるというのは興味深いことです。

 この高松クレーターほど雄大な話ではありませんが、讃岐では近年に、隕石が落下しています。
昭和61年(1986)7月29日午後7時すぎ、「ババーン」、「ドドドーン」などの大音響とともに国分寺町とその周辺に隕石が落下しました。この隕石は南東から飛来し、上空で多数の破片に分裂し、隕石シャワーとなって落下したものです。落下した隕石は13個で、重さは最大10kg、最小3g、合計11kgありました。日本では、明治42年(1909)の美濃隕石以来77年ぶりの隕石シャワーでした。
 落下の模様は目撃され写真にも記録されました。また、落下直後新鮮な状態で採集されたため非常に重要なデータを学会に提供し、ロンドンの大英博物舘に「国分寺隕石」として正式に登録されました。
 日本で一番県土面積の小さい香川県で、地球の地質時代や宇宙に関係する物語があるのはおもしろいことです。

●訪れてみたいところ

○高松クレーター五座
 ・日山(ひやま)  標高192メートル。法然寺から東へ、前池、住蓮寺池を隔てたところあります。この山から南東の方向に三郎池が見えます。また南西の方向に馬山が見えます。
 ・馬山(うまやま)  標高145メートル。この山のすぐ南西隣に実相寺山が見えます。日山、馬山、実相寺山は直線上にあります。
・実相寺山(じっそうじやま)  標高250メートル。この山のすぐ東隣に日妻山があります。
・日妻山(ひづまやま)  標高236メートル。この山の東すこし南に上佐山があります。
・上佐山(うわさやま)  標高257メートル。この山の直ぐ西北に三郎池があります。
・三郎池  三郎池は、「満濃太郎」・「神内次郎」と並び「三谷三郎」とよばれる香川県の代表的なため池で、池には一周約4kmの散策路があります。上佐山、三郎池、日山は直線上にあり、三郎池が真ん中にあります。

○国分寺史跡公園・資料館
 国分寺隕石が展示されています。
 
 隕石が落ちたことにより、町おこしとして、隕石音頭や隕石まんじゅうなどがつくられた。
1.丸い地球の 扉を叩き
 ひらく絵巻の 国分寺町を
 サッサ見に来た この隕石を
 昔かぞえ 億万年の
 古い歴史を しっている
2.星の流れか 夜空の虹か
 雲に消えゆく 宇宙の謎は
 サッサ夢呼ぶ この隕石よ
 伸びる郷土の 行手を照らす
 光りきらめく 文化財
3.広い世界に 爪あと残す
 さても見事な 結晶模様
 サッサ幸あれ この隕石よ
 みんな笑顔で まぼろし追えば
五色台から 夜が明ける
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

四国のブログ

FC2Blog Ranking

全記事(数)表示
全タイトルを表示
讃岐
リンク
カウンター
琴平電気鉄道
栗林公園・一宮・金毘羅に便利 !
映画DVDファッション雑誌無料ブログパーツ
カテゴリー
歴史・旅行リンク
にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村 トラコミュ 讃岐の伝説へ
讃岐の伝説
にほんブログ村 トラコミュ 高松松平藩へ
高松松平藩
にほんブログ村 トラコミュ 日本の文化へ
日本の文化
最近の記事
天気予報
高松の天気予報
-天気- -FC2-
最近のコメント
時計
出来屋の電光掲示板
QRコード
QRコード
国盗りカウンター
プロフィール

讃岐の出来屋

Author:讃岐の出来屋
おいでま~せ、出来屋のページヘ""

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。