スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豊浜と大野原の街

 
 この地域の範囲は、現在の観音寺市のうち、豊浜町(姫浜・和田浜・和田・箕浦)と大野原町(大野原・中姫・花稲)の区域です。
 豊浜の街の中心部はかつて和田浜といわれていました。和田浜は昔、近郷とともに姫の江(ひめのえ)郷と呼ばれていました。神櫛王が讃岐の国司となった時、景行天皇の皇女和田之姫命(わだのひめのみこと)が天神三柱の神を「渡りの浜」に祀り、この浜の「り」が省かれて「渡浜(わたはま)」となり、やがて和田浜となったといわれています。和田浜の港が綿の積出港として賑わっていた頃は、「御番所の港」と呼ばれ、税関にあたる番所がありました。
 大野原は、江戸時代の初期に京都から移住してきた平田家によって開かれたところで、それまではその名前のとおり、大野原だったところです。

【観音寺市大野原町大野原】

●慈雲寺・大野原八幡神社 MAP
 慈雲寺(じうんじ)は、江戸初期の京都商人・平田与一左衛門が1645年に創建した日蓮宗の寺です。与一左衛門は井関池を築造した大野原開拓の祖です。清正公寺(せいしようこうじ)ともいいます。
大野原八幡神社は与一左衛門父子により再建されたものです。大野原小学校の北西隣にあります。

●碗貸塚・角塚・平塚  MAP
 6世紀末から7世紀中頃前後にかけて築かれたと推定されている巨石墳です。3基とも横穴式石室です。
 碗貸塚(わんがしづか)は大野原八幡神社本殿裏にあり、その石室は県下最大です。この塚には高さ80㎝・幅70㎝の穴があって、この古墳の名称になった次のような伝説が残っています。
 村人が婚礼や法事のおりに接客用の椀が足りないとき、この穴の入口へきて『あす、婚礼をいたしますからお椀を貸してくだされ』というと、翌朝頼んだ通りのお椀が置いてあった。ところが不心得者が椀を一つ無くしてしまってからは、貸してくれなくなった。
 碗貸塚から南西500mのところに角塚(かくずか)があります。一辺約43mの方墳です。
 角塚から南200mのところに平塚(ひらずか)があります。直径52mの県下最大の円墳です。

【観音寺市大野原町中姫】

●中姫八幡神社  MAP
 大野原中学校より東へ歩いて15分ほどの所にあります。この神社には次のような伝説があります。
 この神社のあるところはかつて森で、八幡様が馬に乗ってこられたとき、森の東のところで馬を降りて、茱萸(ぐみ)の木につないで森の中に入っていった。村人も八幡様の後からついていったが、森から出ると馬が石になっていた。そして、八幡様は森に入られて中姫(なかひめ)の八幡神社となった。この神社の祭りのときには、この「お馬はん」の背中から水が汗のようにしたたり落ちる。

【観音寺市大野原町花稲】

●一方宮  MAP
 西へ少し行けば海です。一方宮は三嶋神社の境内にあり、安産の神様「一方さん」として親しまれています。三韓征伐の折、応神天皇を胎まれた神功皇后は、凱旋のときまで出産を止めるよう神に祈り、神のみたまを腹にあてて安産したといわれています。この故事にならって、女性が身ごもると丸い小石をお宮から頂いて出産の無事を祈ります。出産後もう一つ別の石と二つにしてお返しし、子供の健やかな成長を祈願します。
 この神社には、次のような伝説が残されています。
 あるとき、小さな子供と『おいり』の入った櫃(ひつ)が大野原の海辺に漂着しました。『おいり』は婚礼のときにお嫁さんが配る餅米をふくらませたお菓子です。村人は神様に違いないと、子供を背負って家へ連れ帰ろうとすると、しだいに重くなってきました。あまりに重いので三島神社にきたところで下ろし、そこに社を建ててお祀りしました。この子供は、木花咲耶姫(このはのさくやひめ)が産んだ双子の一人だったので、お産の神様となりました。

【観音寺市豊浜町姫浜】

●一宮公園  MAP
 燧灘を臨む海浜公園です。砂浜が海水浴場としてさらに整備され、広々した芝生広場や時計塔などが整備されています。夕日の美しい海岸として知られています。

●ちょうさ会館・豊浜郷土資料館  MAP
 ここは、日本で唯一のちょうさに関する資料館です。本物の太鼓台のほか、ちょうさに関するさまざまな資料が展示され、映像も流されています。
 ちょうさ会館の隣に豊浜郷土資料館があります。ここには、綿をつむいだ道具や綿づくりの歴史、なつかしの民具などが集められています。また、資料館のかたわらには、実際の棉(わた)が栽培されていて、季節には白い花が咲きます。
(関連記事)“綿の産地だったチョウサの町

●満願寺  MAP
 讃岐三十三観音霊場第17番補陀落山満願寺。奈良時代、行基菩薩が開基したと伝えられています。初めは、大野原町五郷の田野々地区に建てられて、山寺としてありました。御本尊は聖観世音菩薩。

【観音寺市豊浜町和田浜】

●豊浜八幡神社  MAP
 ちょうさ祭りの初日は、氏参りが中心で、午後3時ごろ、豊浜八幡神社に次々と幕や掛け布団で着飾った二十数台のチョウサが集まり、本殿をぐるぐる回ります。夜は百個余りのちょうちんが取り付けられたチョウサが、町内の各地で風情あふれる音と光のパレードをします。
 豊浜のチョウサは、太鼓台の屋根の先に、「とんぼ」と呼ばれる赤色の結び目が付けられ、その下に「七重(しちじよう)」と呼ばれる7段重ねの赤色の布団が据え付けられています。また、金糸銀糸で竜や虎などを刺しゅうした一片が1・5メートルほどある掛け布団が前後に2枚かけられています。
(関連記事)“綿の産地だったチョウサの町

●宗林寺  MAP
 この寺は、「四国讃州七福神」の一つで「恵比寿」だとされています。

●元内閣総理大臣大平正芳の墓  MAP
 豊浜は故大平首相の生まれ育った町であり、墓地公園に墓があります。また街中を通る国道11号線は「大平記念通り」と名付けられています。

●合田兄弟の墓  MAP
 墓地公園には、合田求吾、大介兄弟の墓があります。求吾の墓石には「温恭合田先生」と刻まれています。これは、門人たちが求吾の温厚な人柄を慕って温恭先生と呼んでいたことによるそうです。
 合田氏の祖は伊吹島に逃れた平家の残党合田鳥之輔といわれ、その子孫の合田勘十郎が16世紀の天正年間、豊浜の和田に来たといいます。勘十郎の系統は合田総本家で増屋と称しました。合田求吾の家は大祖父の代に本家から分かれた浜合田家とで、代々医業をなりわいとしてきました。
(関連記事)“杉田玄白らの「解体新書」刊行より早く人体解剖図を著した讃岐人

【観音寺市豊浜町和田】

●獅子の鼻城址  MAP
 戦国時代末期に活躍した大平伊賀守国祐(天文7年(1538)~慶長8年(1602))が、標高約80メートルの尾根先端部(城の端)に築いた山城です。和田城、大平城ともいいます。大平伊賀守国祐は、先祖が藤原氏の出で、土佐吾川郡の城主でしたが、文禄5年(1562)長宗我部元親に敗れ、雨霧城主香川信景を頼って一時多度郡中村に居住します。その後豊田郡に移り、姫之一郷を領有し獅子の鼻(ししのはな)に城郭を築きました。しかし、天正6年(1578)長宗我部の大軍に攻められて落城しました。その後、仙石秀久に仕えて島津征伐に参戦し、戸次川の戦で敗走して後、讃岐に戻りかつての家臣の元で生涯を送ったといわれています。北麓にある国祐寺が居館跡です。
(関連記事)“長宗我部元親が四国制覇の野望をいだいた山”  “九州で島津軍と戦った讃岐武士

●国祐寺  MAP
 この寺は法華宗(本門流)の寺院で、山号を雲風山といいます。尼崎市大本山本興寺の末寺です。寺の縁起によると、弘仁13年(822)の建立で、最初は光明光毘盧遮那寺(ひるしゃなじ)と号する真言宗の寺でした。その後天正6年(1578)に獅子ケ鼻城の城主である大平伊賀守国祐(くにすけ)により法華宗に改宗され、寺号に自からの名を付した国祐寺(こくゆうじ)と改められたということです。

【観音寺市豊浜町箕浦】

●わた神社  MAP
 高須賀夕映え公園の南の浜にあります。豊浜での綿の歴史は古く、鎌倉時代に関谷兵衛国貞が、現在の関谷地区を開墾して棉(わた)の木を植えたことに始まるといわれています。「わた神社」は関谷兵衛国貞を祀っています。夫婦円満、健康の神様も祀られているそうです。
(関連記事)“綿の産地だったチョウサの町

●神田神社  MAP
 香川県最西端にある神社です。箕浦駅から歩いて20分、小高い丘の上に鎮座しています。神田神社の境内社には、天満神社と、祗園神社があります。香川県神社誌によると、「箕浦村、神田大明神あり、平将門祭る」「神田大明神、祭神平将門、祭祀9月9日、社硬宗林寺」「天慶の時、藤原純友等の乱を起こすや、豊田郡は伊豫に隣接せるを以て、夙にその配下に属せり」とあり、平将門と藤原純友に、縁のある神社だといわれています。かつて将門を祀っていましたが、今は大国主命が祭神です。
(関連記事)“讃岐も戦場になった藤原純友の乱

●余木崎  MAP
 香川県と愛媛県との県境となっている山が海に突き出た所をいいます。伊予と讃岐の国境にあることから、昔は、「予岐(よぎ)」といわれ、そこにある岬ということから「余木崎(よぎざき)」と呼ばれるようになりました。西行の紀行文も、「予岐水岬(よぎのみさき)」とあります。
(関連記事)“崇徳上皇を偲び来讃した西行法師
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
四国のブログ

FC2Blog Ranking

全記事(数)表示
全タイトルを表示
讃岐
リンク
カウンター
琴平電気鉄道
栗林公園・一宮・金毘羅に便利 !
映画DVDファッション雑誌無料ブログパーツ
カテゴリー
歴史・旅行リンク
にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村 トラコミュ 讃岐の伝説へ
讃岐の伝説
にほんブログ村 トラコミュ 高松松平藩へ
高松松平藩
にほんブログ村 トラコミュ 日本の文化へ
日本の文化
最近の記事
天気予報
高松の天気予報
-天気- -FC2-
最近のコメント
時計
出来屋の電光掲示板
QRコード
QRコード
国盗りカウンター
プロフィール

讃岐の出来屋

Author:讃岐の出来屋
おいでま~せ、出来屋のページヘ""

カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。