スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(130)“藤原京の瓦を焼いた日本最大級の瓦窯”

 香川県の西部に高瀬川という川があり、その流域に三野津平野という北が海への出口となり三方を山で囲まれた小さな田園地帯があります。ここは、その大半が17世紀後半の江戸時代前期に干拓され、室町時代以前には山裾近くまで海だったところです。今でも、この辺りには、浅津・砂押(大見)、西浜・東浜(下高瀬)、津ノ前・汐木(吉津という当時海岸だった頃の地名が残っています。
 この三野津平野の南の山麓に宗吉(むねよし、三豊市三野町吉津宗吉)というところがあり、古くからこの付近では、「ここでお大師さんが瓦を焼いた」との言い伝えが残っていました。近所の古老には幼い頃、赤茶けた窯(かま)の一部が露出していたところの中で遊んだという人もいたそうです。この瓦窯(がよう)の本格的な調査が始まったのは、平成2年の農道工事に伴う発掘調査からです。その調査により遺構が確認され、複弁八葉蓮華文軒丸瓦、変形偏向忍冬唐草文軒平瓦などが出土し、奈良国立文化財研究所で照合した結果、藤原京で使用された瓦と同一であることが確認されました。平成8年9月10日には、藤原京へ瓦を供給した瓦窯跡として国史跡に指定されています。

 現在の奈良市が平城京として日本の都であった期間は、一時中断はあるものの、和銅3年(710)から延暦3年(784)に長岡京に遷都されるまでの約70余年間です。この平城京の前の都が現在の奈良県橿原市にあったといわれる藤原京です。ここでは、持統・文武・元明の3天皇が居住し、16年間、日本の都として天皇や貴族中心のおおらかな白鳳文化(はくほうぶんか)が華咲きました。
 藤原京は、持統天皇の御代の持統4年(690)に着工されて同8年(694)に完成し、飛鳥浄御原宮(あすかきよみがはらのみや)から遷都されました。持統天皇は、天智天皇の娘で、夫は天智天皇の弟である天武天皇すなわち自分の叔父にあたります。夫がまだ大海人皇子と称していた頃に起きた壬申の乱(じんしんのらん)では終始行動を共にし、天武天皇が亡くなった後、子の草壁皇子が皇位を継承するよう目論んだものの、皇子が急逝したため孫の軽皇子(後の文武天皇)が成長するまでの中継ぎとして自ら天皇に即位しました。ちなみに、天智天応は大化の改新(645)のときの中大兄皇子です。なお、藤原京という名称は後世の人がそう呼んだもので、日本書紀には、京が「新益京(しんやくのみやこ、しんやくきょう)」、宮が「藤原宮」と書かれています。

 藤原京は、日本で最初の条坊制(じょうぼうせい)が布かれた本格的な中国風都城だといわれています。条坊制とは、中国の都に似せ、東西の道を条路、南北を坊路という碁盤目状に道路を走らせる町割(まちわり)をいいます。その大きさは北に耳成山(みみなしやま)、西に畝傍山(うねびやま)、東に天香具山(あまのかぐやま)の大和三山を内に含む5.3km四方で、面積は少なくとも25平方キロあり、平安京(23平方キロ)や平城京(24平方キロ)をしのぐ古代最大の規模だったと考えられています。
 都の中心やや北寄りには、ほぼ1km四方の内裏・官衙のある藤原宮が配置され、大極殿などの建物の周囲はおよそ5mほどの高さの塀で囲まれ、東西南北の塀にはそれぞれ3か所、全部で12か所に門が設置されていました。
 また、藤原京は日本で初めて中心建物を瓦葺きに統一した都でした。瓦は仏教と共に百済から日本に伝来し、飛鳥時代では、瓦葺きの許された建物は寺院のみでした。寺院以外で初めて瓦が使用されたのが藤原京だといわれており、大極殿・朝堂院・大垣の全てが瓦葺きとされました。その規模からするとこれらに必要な屋根瓦の数は200万枚とも推計され、藤原京の造営には極めて限られた期間での膨大な量の瓦生産が必要でした。
 これまでの出土例によると、藤原京のすぐ近くの日高山瓦窯(ひだかやまがよう)や久米寺瓦窯(くめじがよう)、奈良盆地緑辺部の安養寺瓦窯(あんようじがよう、平群町)、西田中瓦窯・内山瓦窯(大和郡山市)や高台・峰寺瓦窯(こうだい・みねでらがよう、御所市)で瓦が製造され運ばれています。さらに、これらの瓦窯でも需要に追いつかず、古墳時代以来の大窯業地帯であった陶邑窯(すえむらよう)を含む和泉国(大阪)や近江国(滋賀)の瓦窯で造られた瓦が補充されたものと考えられています。当時の軒瓦は1枚で10kgを超える重さがあることから、藤原宮のすぐ近くを除き、これらの地は水運に便利な地が選ばれたものと考えられます。

 藤原京に用いられた瓦の生産地としては最も遠く、しかも大規模なものが現在の三豊市三野町にある「宗吉瓦窯(むねよしがよう)」です。畿内以外で藤原京に用いられた瓦が出土しているのはここだけです。
 宗吉瓦窯跡は、現在までに、山麓の傾斜面をトンネル状にくりぬいた窖(あな)窯と呼ばれる構造の23三基の瓦窯跡と工房跡と見られる掘っ建て柱建物跡の一部が確認されており、この23基の窯跡は当時の瓦窯としては全国最大規模のものです。また、そのうち17号窯(17番目に確認した窯跡)は全長が13メートルあり全国最長のものです。したがって、宗吉瓦窯跡は日本国内で最大級規模の瓦窯跡といえます。
 7世紀末、大和から遠く離れた西讃岐の地が都の造営のための瓦生産地として選ばれた理由の一つは、水運の便だと考えられます。宗吉瓦窯跡の地は、現在は海から離れていますが、当時はすぐ近くまで古三野湾が迫っており、重い瓦を瀬戸内海を通じて船で運ぶことが可能でした。
 二つ目は、讃岐には、藤原京造営以前に、すでに造瓦技術を持った工人がかなりいたのではないかということです。讃岐では飛鳥時代にすでに開法寺(坂出市)や妙音寺(三豊市豊中町)が建立されており、大化の改新によって律令国家の基礎が確立した白鳳時代には17の寺院があったといいます。藤原京造営以前までは、屋根を瓦で葺くのは寺院だけで、その造営には瓦造りの工人が不可欠でした。実際、藤原京造営以前に宗吉瓦窯から讃岐の地元の寺院に瓦が供給されていたことが明らかにされています。
 三つ目は、短期間に大量の瓦を製造するためには、既存の造瓦工人だけでは追いつかず、その他多数の工人をかり出して瓦の生産にあたる必要があったと思われますが、宗吉瓦窯付近の現在の三豊市三野町大見、下高瀬から、高瀬町上高瀬にかけての火上山麓などの地域では、7世紀から8世紀の初めにかけて、須恵器作りが盛んだったといわれており、その人たちが瓦作りに従事したのではないかと考えられます。

 宗吉瓦窯の存在から、讃岐は藤原京が造営される頃には、すでに大和朝廷と深い結びつきがあり、瀬戸内海を通じて頻繁に飛鳥地方と行き来があったのではないかと考えられます。また、讃岐は古代、仏教文化の先進地であり、当時の先端技術を持つ工人が多数居たのではないかと考えられます。瀬戸内海は中国大陸・朝鮮半島と大和を結ぶ交通ルートに当たることから、大和の西手前に位置する讃岐は、古代、先端の文化や技術がいち早くもたらされたのではないでしょうか。
 ちなみに、空海が讃岐で生まれたのは、奈良時代の末期宝亀5年(774)6月15日で、藤原京の完成より80年後のことです。「ここでお大師さんが瓦を焼いた」という言い伝えよりも歴史的事実の年代の方が古いというのはおもしろいことです。
●訪れてみたいところ

宗吉瓦窯

七宝山妙音寺宝積院 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

海の路





●瀬戸内海の歴史 ●文化の路としての瀬戸内海(万葉)
●戦の路としての瀬戸内海(源平合戦) ●戦の路としての瀬戸内海(水軍)
●信仰の路としての瀬戸内海(神社仏閣および金毘羅)
●多様な産業技術・文化の伝搬(関さば)  ●生業・生活に使われた小船の往来
●瀬戸内の航路整備と日宋貿易 ●遺明船の派遣と日明貿易
●西廻り航路の開発と北前船  ●朝鮮通信使往来を通じた交流

瀬戸内海の歴史

(1)海運を中心に展開される瀬戸内海の歴史

 瀬戸内海は古来より、交通の大動脈となっていました。
  縄文時代以来7世紀前半まで、日本列島の交通体系は、瀬戸内海の航路を中心に組み立てられていました。その後、律令国家は陸上交通を基本にした七道の行政単位を定め、駅家などの整備を進めました。しかし、8世紀になると、物流はまた輸送力で勝る海上交通に移行し、瀬戸内海は再び中心的な交通路としての役割を担うこととなったのです。それ以来現在まで、瀬戸内海は日本の中枢的な国土軸を構成してきました。
  具体的には、古代における瀬戸内海は、北部九州(大宰府)と畿内(難波津)の2つの拠点を結ぶ主要な航路としてその役割を果たしていましたが、それに加えて、大陸文化の流入においても、朝鮮や中国への使節(遣唐使・遣新羅使)が畿内(難波津)から目的地に向かう際に利用する重要な交通路となっていました。
  そのため、大和朝廷は瀬戸内海一帯の港や船の整備に力を入れ、遣唐使および遣新羅使の航路である難波津から武庫の浦、明石の浦、藤江の浦、多麻の浦、長井の浦、風速の浦、長門の浦、麻里布の浦、大島の鳴戸、熊毛の浦、佐婆津、分間の浦、筑紫館へと続く諸港が開かれました。



 天平年間(729~748)には、行基により、ほぼ一日航程の間隔で、室生泊、韓泊、魚住伯、大輪田泊、河尻泊の5泊が開かれ、古代瀬戸内海航路の基盤となりました。
  律令制においては、貢納物の積み出しは国津に限られていましたが、平安時代になり荘園制が発達するとともに、瀬戸内海航路は公租の運搬や荘園年貢の輸送の動脈として、また、大陸との交易の主要ルートとしてなお一層の繁栄を見ましたが、それに伴って海賊も横行しました。このころの主要な港は、室津、韓泊、魚住、大輪田、河尻、方上(片上)、那ノ津(福岡)、牛窓、児島、敷名、長井浦、風早、熟田津などです。
 平安時代末期になると、平清盛が日宋貿易のため大輪田泊に経ケ島を築くなど、瀬戸内海航路を整備しました。清盛はその他、牛窓、敷名の泊(沼隈町)の港の整備や音戸の瀬戸の開削も行ったと伝えられています。
  また、室町幕府は応永8年(1401)から17年にかけて6回、永享4年(1432)から1世紀の間に11回の遣明船を派遣し、日明貿易を行いました。「入明諸要例」(応仁2年:1468)には、500石から2,500石の船が門司、富田、上関、深溝、揚井(柳井)、尾道、鞆、田島、院島(因島)、牛窓に配され、遣明船として用いられていたと記されています。
  これらの時代を通じて、瀬戸内海の航路は、大阪湾から関門海峡までの山陽側の航路でした。
 大阪湾の主な港としては、時代や貨物の種類により変化はありますが、難波津、川尻、兵庫、堺、尼崎、天保山、雑喉場などがあげられます。大阪湾を出て明石海峡を通過した船は、室津、牛窓、鞆などに立ち寄り、上関海峡を抜け、下関に至ったわけですが、その間にはいくつもの町が風待ち港、潮待ち港として発達しました。


 江戸時代になると船の往来はますます頻繁となり、瀬戸内海の海運は黄金期を迎えます。河村瑞賢は、寛文12年(1672)に西廻り航路を開発し、日本海の佐渡小木、能登福浦、但馬柴山、石見温泉津から、下関、大坂、太平洋の志摩畔乗(安乗)、伊勢方座、紀伊大島等を寄港地として整備しました。
  江戸時代の中期には大坂と蝦夷を結ぶ北前船が登場し、それ以降、沿岸の港に立ち寄らず瀬戸内海の中央を抜けていく沖乗り航路が発達しました。この航路は鞆から地乗り航路と分かれ、弓削島、岩城島、木ノ江、御手洗等の芸予諸島の中央を貫いて、津和地、上関で合流するルートをとるものであり、これに沿って弓削島、御手洗などに風待ち、潮待ちの港ができ、新たに町も形成されて活況を呈していきました。
  当時の船は、千石船(150トン)と呼ばれるような大型船もありましたが、いずれも一枚帆に追い風をはらみながら航行する構造であったため、強い季節風や暴風雨を避けつつ、順風を待つための「風待ちの港」を必要としていました。同時に、船は潮の流れも利用して航行するため、上げ潮や下げ潮を待つための「潮待ち港」も必要だったわけです。
  江戸時代になると、将軍の代替わりごとに朝鮮から朝鮮通信使が派遣されることになり、慶長10年(1605)から文化8年(1811)にかけて計12回朝鮮通信使が来朝し、延べ約400名の朝鮮使が瀬戸内海の港町を通っていきました。
  さらに、江戸時代には、遠浅海岸や内湾を利用して大規模な新田開発が進められ、そこでは米、麦をはじめ、綿、藺草、菜種油、大豆等の商品作物が盛んに栽培されました。特に、綿作は新しい農村工業としての木綿機業の発達をもたらすとともに、商品経済の発展を促しました。この綿作の肥料となったのが北前船で北海道から海送されたニシンの〆め粕でした。これら産物は、千石船、弁財船によって全国的に運ばれました。大阪が経済拠点として発展したことに加え、西廻り航路の開設もあいまって、瀬戸内海も全国的な流通経済の中に組み込まれ、瀬戸内海海運時代の最盛期を迎えることになりました。
  明治期に入っても10年代までは北前船等帆船が用いられ、江戸時代の航路もほぼ維持されていましたが、蒸気船や機帆船の登場や、明治20年代の山陽鉄道の整備などにより、かつての帆船時代の寄港地は徐々に衰退していき、「瀬戸内の港は、まるで水から引きあげた切花のように凋んでしまった」と言われるほど寂れていきました。
  一方、都市周辺では、江戸時代の木綿機業の蓄積の上に繊維業を中心とする軽工業が発達し、さらにその後、化学工業、造船業等、海への依存度の高い産業が徐々に勃興して、戦後の臨海部を舞台とする重化学工業化に向けての準備がなされたのです。


(1)歴史的みなとまちが豊かに息づく瀬戸内海の港湾

 瀬戸内海には、ある所では石積みの防波堤や雁木などのかたちで、また、ある所では古い港町の一部として、歴史的な港湾施設やそれを中心とした歴史的環境が残っており、港の中、町の中に、豊かな歴史が脈々と息づいています。
  さらに、港と町が一体となった歴史的港町も、規模の大小はあるものの、瀬戸内海には各地に残っており、倉敷(岡山県)、坂越(兵庫県)、鞆・竹原・豊町(広島県)、柳井(山口県)、笠島(香川県)など、著名な港町が多々あります。中でも、倉敷、竹原、豊町、柳井、笠島の町並みは、文化庁の重要伝統的建造物群保存地区に指定されており、今では観光地として多くの人々が訪れたり、また、日常生活の中での地域住民の憩いの場となっています。




 藤原京(六九四―七一〇年)。持統天皇が現在の奈良県橿原市の大和三山(耳成、香具、畝傍山)に囲まれた地に造営した古代律令国家の都として知られる。その宮殿「藤原宮」と讃岐とは深いつながりがあるという。三野町にある国史跡「宗吉瓦窯(むねよしがよう)」が、その日本初の瓦ぶきの宮殿に瓦を供給していたというのだ。同瓦窯の発掘調査が終了したのを踏まえたシンポ「宗吉瓦窯と藤原宮」(三野町など主催)が十五日、開かれた。「なぜ二百キロも遠方から」「なぜ讃岐か」など歴史ファンならずとも興味は尽きない。講演した森郁夫・帝塚山大学教授、花谷浩・奈良文化財研究所遺構調査室長らの話を基に、三つの観点から発掘調査の成果を追った。


 「宗吉瓦窯には日本一が三つある。一つは数。二十三基の窯跡は日本で最多。もう一つは窯の大きさ。十七号窯(十七番目に確認した窯跡)の十三メートルは瓦を焼いた窯として最長。三つ目は距離。藤原宮に使われた瓦の生産地としては最も遠く、二百キロ離れている」
 三野町教委で宗吉瓦窯跡の史跡調査を担当する白川雄一さんは、シンポジウムで、三つの日本一を強調した。
 ではなぜ、藤原宮から遠く二百キロも離れた讃岐の西の地に、大規模な瓦窯が築かれたのか。
 「瓦と言えば、寺と言われたように当時、瓦をふくのは寺だけ。瓦と古代寺院には密接な関係があった。七世紀後半の天武・持統天皇の時代になると、国の仏教政策によって各地の豪族が競って寺院を建設するようになった」。国家形成に仏教があり、瓦造りの基本があると指摘するのは森郁夫教授。仏教によって一気に中央集権化を進めようとするもくろみだ。
 その瓦を生産し、供給していたのが、須恵器作りが盛んだった宗吉に住む須恵器職人たちというわけだ。実際、火上山など三野町大見、下高瀬から、高瀬町上高瀬にかけての地域では、七世紀から八世紀の初めにかけて盛んだった。
 花谷浩室長も「資材、人材、窯と三拍子そろっていたことが大きかったのではないか。瓦の運搬に宗吉瓦窯のすぐ近くまで迫っていた古三野湾を利用するなど、立地条件にも恵まれていた」とその優位性を強調する。
 須恵器作りや瓦造りの下地があったとはいえ、なぜ、藤原宮の瓦の生産地として、宗吉瓦窯にその“大役”が任されたのか。白川さんは推測と断った上で、「続日本紀」や「続日本後紀」などに登場する丸部(わにべ)氏の存在に注目する。
 丸部氏は九世紀半ば、三野郡の大領(郡司)だった一族。一時、都へ出仕し、「従四位」という高い位が与えられていたことからも、中央と太いパイプがあったと推測できる。その丸部氏が仲介もしくは協力を申し出たとする説だ。
 七世紀後半は、天武天皇によって国家の体制が固められつつある時期でもあり、広範囲の地方を治め、地域の豪族を官僚化するなど、有力者を国家の一員に引き入れる必要があった。
 白川さんは「三野郡の有力者だった丸部氏も名目上、国家に召し抱えられることによって、お墨付きを得ることができ、地盤を強化できる。双方に利用し合えるメリットがあった」と考える。
 藤原宮の造営は国家の大プロジェクト。それ以前、何度か瓦ぶき宮殿の造営が計画されたもののいずれも頓挫している。「寺院が長期間にわたって造営されるのとは異なり、宮殿は短期間。二百万枚ほどの瓦を必要とするため、調達が間に合わなかった」(花谷室長)のが、大きな理由だと言われている。
 だが、畿内外にあった複数の須恵器生産地を中央の瓦生産体制に組み入れることによって、瓦の調達を可能にした。宗吉瓦窯からは藤原宮の造営実態だけでなく、律令国家として徐々に形を整えていく日本の姿、中央と地方の支配者たちの思惑も見えてくる。

23号窯の内部。瓦を並べるため階段がつくられている

 宗吉瓦窯は現在二十三基が確認されている。三つのグループ(A、B、C群)に大別され、確認順に一号―二十三号窯と呼ぶ=図解参照=。「二十数基が一列に並ぶ威容はほかにはない」(花谷浩室長)というように、当時の瓦窯としては日本最大規模だった。


 二十三基もの瓦窯は、どんな使われ方をしたのか。発掘調査の結果、C群の窯二基は藤原宮への瓦供給以前に成立し最も古く、残るA、B群の二十一基の窯は後の時代の同時期に築かれていることが分かった。
 発掘調査に当たった三野町教委の白川雄一さんは「C群の窯は、現存する古代寺院としては四国で一番古い(六五〇―六六〇年ごろ)とされる三野郡の妙音寺(豊中町)用に、A、B群の窯は那珂郡の法幢寺(ほうどうじ、丸亀市)用に瓦を焼いた。その後、藤原宮用の瓦も焼くようになった」と分析。藤原宮造営以前に既にかなりの造瓦技術を持っていたと指摘する。
 さらにC群の十七号窯は同時代では日本最大規模の全長十三メートルあり、A、B群の窯の六・五メートルとは形状も構造も違うことが明らかになった。「両者の間にどれくらいの年代差があるかは明らかではないが、構造の差に瓦窯の発達過程が見える」(白川さん)という。
 少数の大型窯から多数の小型窯に移行することで進化を遂げ、ハイテク化したとの指摘だ。大型窯では失敗した場合のリスクが大きく、燃焼効率も劣る。一方、小型窯ならリスク分散でき燃焼効率も良く品質向上につながる。さらに作業のローテーション化もでき作業能率も上がるというわけだ。

重弧文軒平瓦

凸面布目平瓦

藤原宮に供給されたのと同じ複弁八葉蓮華文軒丸瓦

 瓦窯群の中では新しい部類に属するA、B群二十一基の窯で最も多く焼かれた瓦は重弧文軒平瓦、凸面布目平瓦。それらは、六六〇―六七〇年ごろに創建された国家の大寺院「川原寺」(奈良県)の出土瓦と製作技法、焼成が酷似していることが調査で分かった。
 発掘調査した三野町教委の白川雄一さんは「川原寺の瓦を焼いた工人の少なくとも二人、多ければ工房グループが宗吉に来て焼いたことは間違いない」と解説する。「二人」とは、当時の技法から類推した必要最低限の熟練工人員という。花谷浩室長も「粘土の使い方や作りの丁寧さは見よう見まねではない」と指摘し、川原寺に携わった工人が寺の造営終了後に宗吉に移動したと見る。
 仏教政策を推進する国家の命を受け、寺造営には不可欠の瓦造りの専門家が、須恵器生産地として窯業の技術を持っていた讃岐の地に移り住み技術を伝えたということになる。
 「大和盆地以外の瓦生産は、宗吉のほかにも和泉(大阪府)の陶邑(すえむら)遺跡で焼かせるなど、窯業の下地がある所を選んでいる」(花谷室長)というように、国家政策として瓦造りを急がせた様子が見えてくる。
 須恵器と瓦、両方の製造技術を身に付けた宗吉の工人たちは何を生業としたのか。白川さんは想像と前置きした上で、「国家の要請や需要に応じて両技術を使い分け、瓦も須恵器も生産した」と見る。緊急かつ大量の瓦を必要とした当時の情勢から考え合わせると「瓦に軸足を置き、時間に余裕ができると須恵器を焼いたのではなかったか」。
 しかし、律令制度が整備され藤原京がわずか十六年間の短命で終わり、平城京に遷都するのと歩調を合わせるように宗吉瓦窯は急速に衰退。讃岐の窯業の中心は十瓶山(綾南町)周辺に移っていくことになる。

宗吉瓦窯跡の全景。23基もの窯が傾斜地に整然と並ぶ様子が分かる=三野町吉津

 「弘法大師が瓦を焼いていた」との言い伝えが残り、大正時代には存在が知られていた。一九九一年、農道工事に伴う発掘調査で遺構が確認され、複弁八葉蓮華文軒丸瓦、変形偏向忍冬唐草文軒平瓦などが出土した。
 持統天皇が六九四年に造営した日本で最初の瓦ぶき宮殿「藤原宮」で使用された瓦と同一と分かり、同宮へ瓦を供給した瓦窯跡として九六年、国史跡に指定された。現在までに二十三基の瓦窯跡と工房跡と見られる掘っ建て柱建物跡の一部が見つかっている。
 二十三基の窯は山ろくの傾斜面をトンネル状にくりぬいた窖(あな)窯と呼ばれる構造。そのうち十七号窯は全長十三メートルあり全国最大規模で、ほかの窯(六・五メートル)とは時代も内部の構造も違うことが分かった。
 当初は「藤原宮のための官営瓦窯」と考えられていたが、調査が進むとともに、藤原宮造営以前に地元の寺院に瓦を供給していたことが明らかになった。これは地方豪族が自ら発願した寺院だけでなく、藤原宮の瓦生産に深くかかわっていたことを具体的に示す例とされる。 (2005四国新聞)

四国のブログ

FC2Blog Ranking

全記事(数)表示
全タイトルを表示
讃岐
リンク
カウンター
琴平電気鉄道
栗林公園・一宮・金毘羅に便利 !
映画DVDファッション雑誌無料ブログパーツ
カテゴリー
歴史・旅行リンク
にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村 トラコミュ 讃岐の伝説へ
讃岐の伝説
にほんブログ村 トラコミュ 高松松平藩へ
高松松平藩
にほんブログ村 トラコミュ 日本の文化へ
日本の文化
最近の記事
天気予報
高松の天気予報
-天気- -FC2-
最近のコメント
時計
出来屋の電光掲示板
QRコード
QRコード
国盗りカウンター
プロフィール

讃岐の出来屋

Author:讃岐の出来屋
おいでま~せ、出来屋のページヘ""

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。