スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(93)“欧米人が賛美したわが国初の国立公園”

  瀬戸内海国立公園(せとないかいこくりつこうえん)は、昭和9年(1934)3月16日に、日本で初めて指定された瀬戸内海を中心とする国立公園です。
 当初の指定区域は、小豆島の寒霞渓、香川県の屋島、岡山県の鷲羽山、広島県の鞆の浦など備讃瀬戸を中心とした一帯のみでしたが、その後、数回にわたって区域が拡張され、現在は、総面積62,781ha 、兵庫県、和歌山県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、福岡県、大分県の10県にまで及ぶ広大な公園となっています。

 西田正憲著「瀬戸内海の発見」(中公新書、平成11年刊)によると、景観に対する人の認識の仕方は時代とともに変化し、また見る人によっても異なるそうです。西田氏は、この著書において、瀬戸内海を素材に、日本人の景観に対する認識の仕方、すなわち風景観がどのように変化してきたかを紀行文、日記、地誌などによって辿っています。
 それによると、近世以前の日本人は、風景を「意味の風景」として見ていたということです。「意味の風景」とは、万葉集などで詠まれた名どころ、つまり歌枕や、文学、故事、神話、伝説など名所旧跡の地であるという景観の外側にある意味を認識し、その意味を内的に投影して見た風景という意味です。具体的には、瀬戸内海でも須磨、舞子、明石、屋島、厳島など歌枕名所的な限定された地が優れた風景地だとされていたということです。そこには、内海、多島海の概念やイメージは存在していなかったそうです。
 ところが、幕末以降、シーボルトなど多くの欧米人が船で瀬戸内海を往来するようになり、瀬戸内海の内海、多島海などの風景を絶賛し、それが紀行文などによって欧米に知られていったそうです。欧米人が瀬戸内海を評価したところは、従来日本人が風景地と見ていた伝統的な歌枕名所的な場所ではなく、海、海岸、島々などの無名の自然景や、段々畑、漁村集落、漁船などの無名の人文景だったそうです。西田氏によれば、欧米人は、瀬戸内海を「意味の風景」としてではなく、「視覚の風景」として評価したということです。「視覚の風景」とは、特色ある地形・地質や植物、光の輝きや色彩、様々な人文景や生活景などを、観察・科学・観光のまなざしで見た風景という意味です。

 このようにして明治時代には、瀬戸内海は、日光、富士山などとともに日本を代表する観光地としての評価が欧米人の中で定着するとともに、日本人の間でも新しい瀬戸内海の見方が普及し、日本人は瀬戸内海を世界の公園だと誇るようになります。
 小西和(かなう)は、その著書である「瀬戸内海論」(明治44年刊)で、「無比の風光を抽出して、西洋人から世界の公園、現世の極楽と云ふ、賛美的呼称を得て居る。瀬戸内海の風景が欧米の人士に惚れ込まれて居る。」と述べています。小西は、明治6年(1873)香川県の旧長尾町に生まれ、札幌農学校に学び、従軍記者として日露戦争に赴き、衆議院議員も務めた人物です。小西が農学校に学んでいた時、新渡戸稲造がその教官をしており、瀬戸内海論にも稲造が序文を寄せています。

 小西和の活動もあり、昭和6年(1931)、自然の大風景地を保護するとともに、国民の利用に供する目的で、国立公園制度が発足します。その背景には、内外の観光客誘致による地域振興、外貨獲得への期待のほか、ナショナリズムや郷土意識の高揚があったといわれています。
 こうして昭和9年3月、わが国最初の国立公園として瀬戸内海、雲仙、霧島の3ヶ所が指定され、12月には阿蘇、大雪山、日光、中部山岳、阿蘇の5ヶ所、翌々年の昭和11年2月に富士箱根、十和田、吉野熊野、大山の4ヶ所が指定されました。
●訪れてみたいところ

○小豆島
 小豆島の寒霞渓は、瀬戸内海国立公園設置の契機となった地区で、渓谷美と瀬戸内海のパノラマを見ることができます。その西部には野生猿の餌付けで知られる銚子渓があります。
 参考―(25)“小豆島を遊幸した応神天皇
○直島
 直島は、南部が国立公園に指定されており、ベネッセハウス、地中美術館など現在アートとともに瀬戸内海の景観を楽しむことができます。
 参考―(74)“アートとテクノロジーの島
○豊島
 産業廃棄物不法投棄問題で知られた島です。
○男木島、女木島
 男木島は、映画「喜びも悲しみも幾歳月」の舞台となったことで知られています。女木島(めぎじま)は、鬼ヶ島とも呼ばれ、桃太郎伝説と関わりが深い島です。
 参考―(54)“讃岐に残る桃太郎と姉の物語
○白鳥海岸
 複雑な地層が見られる断崖で、特に鹿浦越の煌斑(ランプロファイヤ)岩脈は国の天然記念物です。
 参考―(19)“讃岐に残る日本武尊の白鳥伝説
○琴林公園
 津田の松原と呼ばれており、樹齢600年のクロマツが立ち並ぶ四国有数の松原です。名の由来は海風の松籟(松の梢が重なり合って鳴る音)に因んでいます。
○大串岬
 大串自然公園として整備されており、ワイナリーやテニスコート、温泉施設、野外音楽ホールなどが設けられています。
○屋島
 近世までは島であり、浅瀬で隔てられていた開析溶岩台地です。東部の壇ノ浦は平家物語の屋島の合戦で知られています。頂上には屋島寺や屋島水族館などがあり、香川県を代表する観光地の一つです。
 参考―(31)“朝鮮・中国からの侵攻に備えて築かれた城
    (32)“唐招提寺開祖の鑑真が開いた屋島寺
○五剣山
 八栗寺があるため、八栗山ともいわれる岩峰です。山腹にはケーブルカーがあります。一帯は庵治石という良質の花崗岩の産地でもあります。
○塩飽諸島
 塩飽水軍の拠点として知られ、歴史上数多くの役割をこなしてきた島々です。本島の笠島地区は重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。広島は良質の花崗岩を産出するほか、トライアスロン大会が行われています。与島は瀬戸大橋開通によって、乗降可能になった島で、パーキングエリアやフィッシャーマンズワーフがあります。
 参考―(17)“信長・秀吉・家康の朱印状が残る島
    (77)“瀬戸内の分水嶺だった瀬戸大橋架橋の島々
    (91)“讃岐に来て歌を詠んだ万葉歌人柿本人麻呂
○五色台
 台地状の山地で、白峰、黒峰、紅ノ峰、青峰、そして黄ノ峰の山々があり、それが名称の由来となっています。
 参考―(47)“崇徳上皇を偲び来讃した西行法師
○城山
 五色台の西側に位置する山(メサ)です。朝鮮式の山城があったことから国の史跡指定を受けています。
 参考―(31)“朝鮮・中国からの侵攻に備えて築かれた城
○飯野山
 讃岐富士の異名を取るビュート状の山です。
 参考―(57)“七つも富士のある讃岐平野
○琴平山(象頭山)
 中腹に金刀比羅宮があります。この山は古くから金刀比羅信仰の聖域として保護されてきました。
 参考―(21)“こんぴらさんはガンジス川のワニ
○我拝師山・火上山
 弘法大師空海に関わりが深く、善通寺界隈の景観と一体化した、文化的景観を有しています。
 参考―(69)“少年空海が身を投げた山
○荘内半島
 浦島太郎伝説で知られる半島です。最高峰の紫雲出山からは瀬戸内海を360度展望できます。周囲には三豊市の粟島や蔦島などがあります。
 参考―(68)“紫の雲が出る山があり浦島太郎伝説が残る半島
○琴弾公園
 白砂青松の有明浜に、銭形砂絵と呼ばれる砂で描かれた寛永通宝があります。
 参考―(48)“俳諧の祖・山崎宗鑑が隠棲した観音寺
    (75)“銭形平次でおなじみの寛永通宝の砂絵がある街
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

庵治 温泉 観光

庵治☆温泉☆観光で見つけた、いい観光! !観光好きのあなたへ。全国各地厳選!!その地域No1!!(だと著者が勝手に思っている^^)のホテル、旅館を紹介します。庵治 温泉 観光 のキーワードでNO1のホテル・旅館は庵治温泉 庵治観光ホテル海のやどりです2003/1/30

コメントの投稿

非公開コメント

四国のブログ

FC2Blog Ranking

全記事(数)表示
全タイトルを表示
讃岐
リンク
カウンター
琴平電気鉄道
栗林公園・一宮・金毘羅に便利 !
映画DVDファッション雑誌無料ブログパーツ
カテゴリー
歴史・旅行リンク
にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村 トラコミュ 讃岐の伝説へ
讃岐の伝説
にほんブログ村 トラコミュ 高松松平藩へ
高松松平藩
にほんブログ村 トラコミュ 日本の文化へ
日本の文化
最近の記事
天気予報
高松の天気予報
-天気- -FC2-
最近のコメント
時計
出来屋の電光掲示板
QRコード
QRコード
国盗りカウンター
プロフィール

讃岐の出来屋

Author:讃岐の出来屋
おいでま~せ、出来屋のページヘ""

カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。