スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(85)“桂離宮との類似性も指摘されている栗林公園創始の謎”

 栗林公園(りつりんこうえん)は、江戸時代、高松松平藩の下屋敷だったところで、廻遊様式の大名庭園です。大きな池を中心にその周囲に樹木、花、石造物、建物などが配置されており、変化に富んだ風景を歩きながら楽しむことができます。
 この公園は、大きく分けて、築庭時の南庭と明治期に大改修された北庭に区分されますが、南庭の南湖一帯は、京都・桂離宮の造園手法と類似性が認められるといわれています。桂離宮は、後陽成天皇の弟である八条宮(桂宮)・智仁(ともひと)親王が造営した数奇屋造(すきやづくり)の別荘で、その廻遊式庭園は小堀遠州の造作ともいわれています。遠州は、大名でありながら茶人・造園家でもあり、三代将軍・徳川家光の時代の寛永期(1624年~1643年)を代表する文化人の一人で、仙洞御所、二条城、名古屋城などの建築・造園にも関わっています。

 栗林公園の創始については諸説がありますが、有力な説によると、室町時代末期、佐藤志摩介道益が園の西南端にある小普陀(しょうふだ)付近に居邸を構え、そこに小庭を築いたのが始まりといわれています。佐藤氏は室町初期より伏石(高松市伏石町)を本拠とした讃岐の国侍です。
 その頃、今の高松市街は箆原荘(のはらのしょう)という寒村で、現在石清尾山の西側を流れている香東川は、南で二本の水流に分かれ、この山を挟んで東西に流れていました。今の栗林公園の敷地も小普陀付近を除いてほとんど香東川の河川敷であったのではないかと推測されています。

 その後、天正15年(1587)、生駒親正が豊臣秀吉から讃岐一国を与えられて入り、箆原荘北端の海浜地に城を築きます。これが現在の高松城です。佐藤志摩介道益も生駒氏の讃岐入国にともない、その家臣となっています。
 生駒氏は、寛永17年(1640)までの四代54年間にわたり讃岐を領有しますが、この生駒時代、国内の情勢は元和元年(1615)に起きた大阪夏の陣の前後で大きく変化しました。大阪夏の陣より前の期間は、文禄の役(文禄元年(1592))、慶長の役(慶長2年(1597))、秀吉死去(慶長3年(1598))、関ヶ原の戦い(慶長5年(1600))、徳川家康への征夷大将軍宣下(慶長8年(1603))、大阪冬の陣(慶長19年(1614))、大阪夏の陣と、秀吉の朝鮮侵攻、豊臣氏から徳川氏への天下移行という戦乱の時代でした。これに対して、大阪夏の陣より後の元和期(1615~1624)から寛永期(1624~1640)にかけての期間は、元和9年(1623)に徳川家光が三代将軍を継ぐなど、幕藩体制の整備が進み秩序と安定が回復していく時代でした。

 大阪夏の陣から6年後の元和7年(1621)、生駒藩では三代藩主・正俊が若くして急死し、当時11歳の高俊(たかとし)が後を継ぎます。しかし、若年ということもあって、外祖父である伊勢津藩主・藤堂高虎が高俊の後見をすることになります。そして、高虎の家臣である西嶋八兵衛が「讃岐国の仕置(しおき)」のため派遣されてきます。八兵衛は、17歳から高虎に仕え、二条城の築城や大阪城の修築に携わるなど、土木の技術を習得していた人物でした。
 八兵衛は、古代に空海が修築したものの中世の時代約450年間決壊したまま見捨てられていた満濃池を改修するなど、灌漑、干拓、治水などの事業を行い、生駒藩の殖産と財政の確立に努めます。その一つの事業として、寛永8年(1631)頃、高松城下を洪水から守るため、香東川の東の水流を堰き止めて西の水流に一本化する治水工事を行っています。

 この香東川の改修事業の時、西嶋八兵衛の関与により、今の栗林公園の小普陀付近、南湖、西湖の辺りにおいて、佐藤氏の居邸址を基礎に、香東川の元東側水流の跡に湧出している伏流水を利用して築庭が行われたのではないかと考えられています。
 そして、この築庭は、小堀遠州の造園思想の影響を受けたのではないかと推測されています。というのは、遠州と生駒正俊の正室は、ともに藤堂高虎の養女であり、また、遠州は慶長5年(1600)から元和5年(1619)まで備中高梁(たかはし)の松山城主1万5千石であったことから、生駒家と親密な交友関係があったと考えられています。さらに、西嶋八兵衛も高虎の腹心であったことから遠州の考えの影響を受けていたと思われます。
 
 しかし、寛永17年(1640)、生駒高俊はお家騒動により改易となり、出羽国矢島藩1万石に転封となります。その後、寛永19年(1642)、水戸徳川家初代・頼房の長男である松平頼重(よりしげ)が、三代将軍徳川家光から東讃岐12万石を与えられて入封し、高松藩が成立します。
 頼重は着任して間もなく栗林荘に遊んだといわれており、以後、歴代藩主も庭園の拡充整備に努め、五代藩主・頼恭(よりたか)の時代の延享2年(1745)になって現在の栗林公園の姿が完成しました。それは頼重入封から103年を経たときでした。

 この記事を読まれるに当たっては、次の記事を参考にしてください。
(3話)“黒田官兵衛が設計したともいわれる水城
(4話)“関ヶ原で親子が別れて戦った生駒家
(5話)“海音寺潮五郎も書いた生駒騒動
(6話)“讃岐のために尽くした藤堂高虎の家臣
(7話)“讃岐高松二代目藩主は水戸黄門の息子
●訪れてみたいところ

 栗林公園

 栗林公園内には、「大禹謨(だいうぼう)」と刻まれた碑石が置かれています。これは八兵衛が香東川の大改修を行った際自ら書いて鎮斎したものと思われ、その後洪水に流され不明だったものを大正元年に大野中津の住民が川浚いの折に拾い上げて川岸に安置し、その後栗林公園内に移されたものです。「大禹謨」とは、書経の語に出、中国の大聖禹王の遠大なはかりごとにあやかろうとした八兵衛の精神を表したものと考えられています。この碑石の横には八兵衛の顕彰碑が建っています。


Special Beauty Spot Ritsurin Garden

Ritsurin Garden,a Daimyo's garden was designated as the 8th special beauty spot in Japan in March,1953.It is the largest,representative“Kaiyushiki-teien"(landscape garden designated for strolling through) in the country.
Under the Cultural Properties Protection Act,at present,atotal of 23 gardens have been classified as special beauty spots. Of these,6 are Daimyo gardens and 13 are temple gardens.
スポンサーサイト

テーマ : 香川
ジャンル : 地域情報

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(1)ラジオ中四国8局ネット らじお放送2006.11

『高松松平藩まちかど漫遊帳』そぞろ高松ごゆるりまいろう! 平成18年10月1日~12月2日 実施今回の催しの核となっているのが、市民プロデューサーの皆さん!!玉藻城「まつとの」と「ぽっくり」

桂離宮桂離宮(かつらりきゅう)は京都市西京区桂にある離宮(離宮とは、皇居とは別に設けた宮殿の意)である。江戸時代初期の造営当初の庭園と建築物を遺しており、当時の文化の粋を今に伝えている。回遊式の庭園は日本庭園の傑作とされる。また、建築物のうち書院は書院造

城とかいろいろ

月見櫓、艮(うしとら)櫓、水手(みずのて)御門、渡櫓が現存し、昭和25年(1950年)8月29日共に国の重要文化財に指定された。戦前は三の丸の桜御門が現在の重要文化財クラスに相当する国宝に指定されていたが、昭和20年(1945年)の高松空襲で焼失し、その後再建されるこ

コメントの投稿

非公開コメント

四国のブログ

FC2Blog Ranking

全記事(数)表示
全タイトルを表示
讃岐
リンク
カウンター
琴平電気鉄道
栗林公園・一宮・金毘羅に便利 !
映画DVDファッション雑誌無料ブログパーツ
カテゴリー
歴史・旅行リンク
にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村 トラコミュ 讃岐の伝説へ
讃岐の伝説
にほんブログ村 トラコミュ 高松松平藩へ
高松松平藩
にほんブログ村 トラコミュ 日本の文化へ
日本の文化
最近の記事
天気予報
高松の天気予報
-天気- -FC2-
最近のコメント
時計
出来屋の電光掲示板
QRコード
QRコード
国盗りカウンター
プロフィール

讃岐の出来屋

Author:讃岐の出来屋
おいでま~せ、出来屋のページヘ""

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。