スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(84)“小石川後楽園を大改造した高松藩主”

 東京ドームのすぐ近くにある「小石川後楽園」は、もと御三家のひとつ水戸藩の江戸上屋敷の庭園だったところです。いわゆる廻遊様式の江戸における最初の大名庭園といわれています。廻遊様式の庭園というのは、人が歩きながら変化に富んだ風景の移り変わりを楽しめるように、大きな池を中心にその周囲に樹木、花、石造物、建物などが計画的に配置されたものです。京都の桂離宮庭園がその代表例とされていますが、これに江戸の風土と大名の生活文化とが関わって生まれたのが大名庭園といわれています。

 小石川後楽園の歴史は古く、今から約380年前の寛永6年(1629)、第三代将軍家光のとき、初代水戸藩主の徳川頼房(よりふさ、家康の十一男)が将軍家から小石川に邸地を下賜されて造園に着手したのがその創始です。その後、徳川光圀(黄門)が寛文元年(1661年)に二代目藩主となり、完成させます。光圀は当時日本に亡命中だった明の遺臣朱舜水(しゅしゅんすい)に意見を聞き、中国様式も採り入れ造園しました。 「後楽」という呼び名は光圀に命じられて舜水が選んだもので、宋の范文正(はんぶんせい)の書「岳陽楼記(がくようろうき)」の中にある、士はまさに天下の憂いに先んじて憂い、天下の楽しみに後れて楽しむという武士の嗜みである「先憂後楽」の思想に則ったものです。なお、岡山の後楽園は明治4年に名づけられたもので、それまでは城の背にあるので「後園」と呼ばれていたそうです。

 享保3年(1718)、水戸藩では、14歳の宗堯(むねたか)が四代藩主を継ぎます。宗堯の実父は第三代高松藩主の松平頼豊(よりとよ)です。頼豊は息子の宗堯が年少だったため水戸藩政を後見し、事実上の水戸藩主的な立場にあったようです。ちなみに高松松平家の上屋敷は、小石川橋を隔てて水戸邸の南向かいにありました。
 頼豊は宝永元年(1704)に第三代高松藩主になっていますが、この頃の高松藩の財政は余裕もあったようです。頼豊は栗林荘(栗林公園のこと)をことのほか愛し、桧御殿を増築して園内の所々に茶屋を作り、入口には諸番所、諸役所まで設け、在国中はほとんどここで過ごしたといわれています。また、桧御殿で能を催したりしています。

 さらに庭園好きの頼豊は、栗林荘だけでは満足できなかったようで、水戸藩の小石川後楽園も自分の好みに大改造しています。当時すでに創始から100年近くを経た後楽園は、樹木が繁茂し、鬱蒼としていたと思われます。この景観が瀬戸内の明朗な自然の中にある栗林荘の風致に馴染んでいた頼豊の眼からすれば、陰鬱に見えたのでしょう。
 頼豊は宗堯に指示して、後楽園の景観の見晴らしをよくするため、高木700余本を伐採し、大泉水のほとりの護岸石組みを崩して石積みに改め、険しく聳え立つ奇石をすべて取り払い、古木もほとんど切り払ってしまいます。また、高松の石清尾八幡を勧請し、金毘羅大権現を祀り、讃岐風のものを後楽園に持ち込んでいます。
 この享保時代の大改造により、創始以来の後楽園の景観は一変したといわれており、水戸家に仕える者の中には、表向きの批判は口にしなくても、「ここにおいて園中の絶勝大いに変ず」と、内心大いに憤懣を抱いた者があったようです。

 幕末になって文政11年(1819)斉昭が九代水戸藩主になると、創造時代の方針に従って後楽園を旧に復すことに努めますが、安政の大地震で多大の被害を受けます。明治維新後は陸軍の秘園として保存されますが、関東大震災の時、唐門・西行堂・九八屋・得仁堂を除き園内の建造物は総て焼失しました。さらに残ったものも、アメリカ軍の空爆で得仁堂以外は全部焼失し、現在も復元されていません。
 水戸藩上屋敷は最大時で約8万7783坪(約29ヘクタール)でしたが、現在残っている後楽園の面積は約2万坪だといわれています。これに対して、栗林公園は約23万坪の総面積を持ち、大きな災害などにも遭わなかったことにより、約400年といわれる歴史を経てもなおお庭の国宝といわれるにふさわしい景観を保ち続けています。
●訪れてみたいところ

栗林公園
スポンサーサイト

テーマ : 香川
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

四国のブログ

FC2Blog Ranking

全記事(数)表示
全タイトルを表示
讃岐
リンク
カウンター
琴平電気鉄道
栗林公園・一宮・金毘羅に便利 !
映画DVDファッション雑誌無料ブログパーツ
カテゴリー
歴史・旅行リンク
にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村 トラコミュ 讃岐の伝説へ
讃岐の伝説
にほんブログ村 トラコミュ 高松松平藩へ
高松松平藩
にほんブログ村 トラコミュ 日本の文化へ
日本の文化
最近の記事
天気予報
高松の天気予報
-天気- -FC2-
最近のコメント
時計
出来屋の電光掲示板
QRコード
QRコード
国盗りカウンター
プロフィール

讃岐の出来屋

Author:讃岐の出来屋
おいでま~せ、出来屋のページヘ""

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。