スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(83)“織田信長に滅ぼされた武将の子孫が住むイリコの島”

 観音寺市より10Km西沖の瀬戸内海燧灘に伊吹島という周囲5.4Kmほどの小さな島が浮かんでいます。この島は、近海がカタクチイワシの好漁場となっており、イリコ(煮干イワシ)の産地として知られています。イリコは讃岐うどんのだしを作るために欠かせない原料で、伊吹島のイリコはその品質、味とも日本一といわれています。しかし、この島には昭和30年頃4千人もの人が住んでいましたが、現在は約千人弱となっており、過疎化と高齢化が進んでいます。
 島の住人の約半分は三好姓ですが、彼らは、戦国時代末期に織田信長に滅ぼされた三好義継(みよしよしつぐ)という武将の末裔だといわれています。義継は三好長慶(みよしながよし)の後を継いで三好家当主となった人で、長慶は織田信長が永禄11年(1568)に上洛する前の約15年間にわたって、畿内で覇を唱えた阿波出身の戦国大名です。

 三好氏は甲斐源氏小笠原長清を始祖とし、鎌倉時代に承久の乱での功績により阿波守護となり、その後、美馬・三好郡を与えられ三好姓を名乗るようになったといわれています。室町幕府が開かれると、阿波は讃岐とともに細川氏の領国となりますが、三好氏は南北朝時代には宮方に組みしていました。しかし、やがて細川氏に下りその重臣となっていきました。
 このような三好氏は、長慶のとき、その勢力が絶頂期を迎えます。長慶は、四国から渡海して芥川山城(今の高槻市)や河内飯盛山城(今の四条畷市)を本拠として京畿で活躍します。長慶には三人の弟がおり、すぐ下の弟の之康(義賢、のちに実休と号した。)が阿波を治め、次ぎの弟の冬康が安宅氏を継いで安宅水軍を率い、末弟の一存(かずまさ)が讃岐の名族十河氏を継ぎます。十河一存は鬼十河として勇名を馳せた武将です。
 この三人の弟が、それぞれの本拠である阿波・淡路・讃岐を固め、三好長慶の京畿における活躍を支え、三好氏の勢力は山城、摂津、河内、大和、和泉、丹波、阿波、淡路、讃岐の九カ国(今の大阪府と、徳島、香川、奈良三県、さらに兵庫県南東部、京都府南部)にまで及びました。
 しかし、その後、義賢、一存、嫡子義興と相次いで有力人物を失い、さらに松永秀久の讒言によって長慶が安宅冬康を謀殺するという内訌が生じ、長慶の死後、三好氏の勢力は急速に衰退しました。
 永禄11年(1568)、織田信長の怒涛の入洛により三好政権は瓦解し、十河一存の実子で長慶の家督を継いだ義継(長慶の甥)は、信長に服して河内若江城(現在の東大阪市)を安堵されます。しかし、天正元年(1573)、室町将軍足利義昭と信長が対立した時、妻(寧姫)の兄だった義昭を若江城に匿いました。これにより信長の逆鱗にふれた義継は、信長配下の佐久間信盛らの攻撃を受け、ついに自害して果てました。その時、義継には、寧姫との間にできた嫡子の義兼と、その異母弟に当たる庶子の義茂という二人の息子がいました。

 父の義継が滅ぼされた後、弟の義茂は大川市太郎と改名し、十河一存の後を継いだ存保(まさやす、三次実休の第二子)の世話により、讃岐獅子ヶ鼻城(今の観音寺市豊浜町)の大平伊賀守国祐を頼って、従者二人とともに伊吹島に逃れました。故大平総理大臣は豊浜の出身ですからその子孫かもしれません。
 兄の義兼は若江城の落城前に阿波に逃れ、そこで成人しましたが、長曽我部の阿波侵入後、三好長冶(三好実休の嫡子)の妻の実家のある今の観音寺市財田町に一族郎党と共に身を寄せていました。しかし、頼りの存保が天正14年(1586)に九州の戸次川(べつぎかわ)の戦いで戦死して十河氏が断絶したため、翌年、家来50騎~80騎の一族郎党をともなって弟の居る伊吹島に避難しました。
 二人の兄弟は政情が落ち着くまで、瀬戸内海水運の要所である伊吹島で身を隠そうとしたと考えられます。しかし、彼らにとって島での生活は平穏でなかったようです。伊吹島には先に合田一族が住んでおり、狭い島の中で両氏が共存することは困難だったのでしょうか。三好一族と合田一族との間で争いが生じ、天正16年(1588)、合戦になりました。
 合戦において義兼は鉄砲で狙撃されて深手を負い、島の最も高い鉄砲石で自刃して果てます。そして、合戦後、合田一族は東部の中低地、三好一族は西部の高地にそれぞれ住み分け、両者は互いに婚姻をしないという静かな対立を続けながら暮らしました。島の守護神の八幡神社の祭礼には、東部の合田氏、西部の三好氏、南部の中立の「ちょうさ」が担ぎ出され、互いに威勢を競い合ったといいます。
 外部との交流があまりなかったためでしょうか、この島は、日本でただ1ケ所、平安、鎌倉時代の京言葉のアクセントを今だに遺している所としても知られています。
●訪れてみたいところ

伊吹島
 ・三好館跡・高岸
 ・金田一春彦の歌碑
 ・合田嶋之輔の墓
 ・伊吹八幡神社
 ・伊吹島歴史民俗資料館
 ・泉蔵院
 ・出部屋跡
 
○十河城跡
 十河氏は、神櫛王を祖とし、南北朝時代から安土桃山時代まで約230年間、今の高松市南部を中心に勢力を張りました。十河城跡は、高松市十川東町にあり、現在、城跡には弥念寺が建っています。本丸跡北の墓地には十河一存・存保の墓もあります。
 十河城は、阿波三好氏の讃岐攻略の拠点になった城です。細川氏に代わって阿波の総主となった三好実休は、弟の十河一存とともに讃岐の諸氏を下します。しかし、西讃岐の香川之景(ゆきかげ)だけは、中国の毛利氏を頼り、三好氏に下りませんでした。永禄元年(1558)、実休は阿讃連合軍1万8千余を差し向けて、善通寺を本陣として香川氏を攻撃しました。香川之景は天霧城に篭城して抵抗しましたが、和議を受け入れ降りました。このとき、三好の兵が善通寺を去った後、人無き所から出火して善通寺の大伽藍が灰燼に帰しました。
スポンサーサイト

テーマ : 香川
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

四国のブログ

FC2Blog Ranking

全記事(数)表示
全タイトルを表示
讃岐
リンク
カウンター
琴平電気鉄道
栗林公園・一宮・金毘羅に便利 !
映画DVDファッション雑誌無料ブログパーツ
カテゴリー
歴史・旅行リンク
にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村 トラコミュ 讃岐の伝説へ
讃岐の伝説
にほんブログ村 トラコミュ 高松松平藩へ
高松松平藩
にほんブログ村 トラコミュ 日本の文化へ
日本の文化
最近の記事
天気予報
高松の天気予報
-天気- -FC2-
最近のコメント
時計
出来屋の電光掲示板
QRコード
QRコード
国盗りカウンター
プロフィール

讃岐の出来屋

Author:讃岐の出来屋
おいでま~せ、出来屋のページヘ""

カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。