スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(75)“銭形平次でおなじみの寛永通宝の砂絵がある街”

 銭形平次は野村胡堂原作の小説「銭形平次捕物控」の主人公で、この小説を基に多くの映画やテレビドラマが作られています。この物語は、神田明神下に住む十手を預かる岡っ引の平次が、手下の八五郎を従え、卓越した推理力と行動力で犯人を探し出し、最後に得意の「投げ銭」で捕まえるという勧善懲悪ものです。
 平次が投げる銭は、寛永通宝という貨幣で、江戸時代の寛永3年(1626)に水戸の商人佐藤新助が幕府の内諾を得て初めて鋳造し、その10年後に全国通用貨となり、幕末まで流通していました。その形状は、円形で中心部に正方形の穴が開けられ、表面には「寛永通寳」の文字が上下右左の順に刻印されています。
 瀬戸内海の燧灘(ひうちなだ)に面する観音寺市の有明浜(ありあけはま)には、この寛永通宝の文字が描かれた砂絵があり、地元では銭形と呼ばれています。東西122m、南北90m、周囲345m、深さ2mもある日本一の大きさです。

 燧灘は瀬戸内海の中央部に位置し、香川県の荘内半島と愛媛県の高縄半島の間を占める東西約60㎞、南北約40㎞の四国側海域です。沿岸地域から火打石が産出したことからその名がついたといわれています。一帯はタイ、サワラ、カタクチイワシなどの好漁場として知られ、かつて沿岸には遠浅の砂浜海岸や干潟が多く見られました。しかし、高度経済成長時代、工業地造成のためにその多くが埋め立てられてしまいました。
 有明浜は燧灘に残存する貴重な自然海浜です。「有明」という名は対岸の尾道市千光寺山の宝珠の光が届いたことに由来するともいわれています。観音寺市の財田川の河口から北に江甫草(つくも)山まで延長約2キロメートルにおよぶ白砂青松の遠浅海岸で、ハマヒルガオ、ハナボウフウ等の海浜植物の群集があり、琴弾山から浜にかけての一帯は、名勝琴弾公園となっており、また瀬戸内海国立公園にも指定されています。

 銭形はすぐ東側にある琴弾山(標高約60m)の山頂からきれいな円形で見ることができますが、この山には観音寺市の発祥の基となった琴弾八幡宮が鎮座しています。
 今から約1300年頃前、この辺りは、財田川・柞田川河口の三角州の松原に小さな農漁村があるだけでした。観音寺の街がやや形態づけられたのは、奈良時代の大宝3年(703)、法相宗道場の住職日証上人が、琴弾八幡宮を建立した頃に始まります。その後、大同2年(807)、唐から帰朝した空海が聖観世音菩薩を安置し、寺号を観音寺と改めたと伝えられています。これが現在の市名となっています。そして平安時代から室町時代にかけて、観音寺・琴弾八幡宮の門前などで市が開かれるようになり、町場と湊が形成されていきました。今もある上市・下市・市口という町名は平安朝時代の名残だそうです。
 戦国時代には西讃を支配した天霧城主香川信之(之景)が今の殿町辺りに観音寺城(高丸城)を築き、弟の香川景全を置いています。この城は、豊田郡を統括する代官所的な存在だったようです。なお、豊臣秀吉の時代には、秀吉の与力坂丹波守が代官として赴任した際の居城となっています。
 江戸時代に入ると、生駒藩、山崎藩を経て丸亀京極藩の所領となり、元禄の頃には、漁業や海運業が盛んで、財田川河口の堪保(港)には御番所があり丸亀藩から番所役人が出張して来ていたといいます。

 銭形の由来については、寛永10年(1633)の生駒藩時代、藩主生駒高俊公が領内巡視をする際、それを歓迎するため土地の村人たちが一夜にして堀りあげたという伝承があります。しかし、寛永通宝が流通したのは3年後の寛永13年(1636)からであり、この伝承には疑問があるとされています。昭和37年編纂の観音寺市史によると、江戸末期の1855年頃、幕府が諸藩に沿岸警備の増強を命じたのを受け、丸亀藩が荘内と有明浜の2カ所に砲台を築造することになり、藩主京極朗徹公が来訪した際に普請奉行がその一興に供しようとするため掘らせたとされています。
訪れてみたいところ

・琴弾山から見た銭形
・琴弾八幡宮
・神恵院と観音寺
・有明浜の松原
・世界のコイン館
・観音寺市郷土史博物館
・一夜庵
・根あがり松





スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

高縄半島について-日本の自然を見つめる瞳

高縄半島高縄半島(たかなわはんとう)は、四国北西部、愛媛県の中部にある半島。西・北は斎灘、来島海峡を挟み東は燧灘に面す。西に松山市、北に今治市、東に西条市等があり、JR予讃線はこの半島を海岸に接して通じている。永い間、海岸線に沿って走る国道196号と半島基部

コメントの投稿

非公開コメント

神田明神と観音寺

 はちべいさん の所からやって来ました。昔テレビで銭形平次を見ていると、最後に観音寺の銭形が出てきました。おかしいなと思ったのですが、番組が番組だったので直ぐにがってんだになりました。続けてプロデューサーSとかかれてあったのです。Sさんは観音寺の出身で現在高校同窓会の東京支部長をされています。Sさんの遊び心がなせるわざと解釈したのです。彼は大変な人で、北の国から・鉄腕アトム・鉄人28号ETCと関わっておられます。五社英雄さんに可愛がられたようです。
四国のブログ

FC2Blog Ranking

全記事(数)表示
全タイトルを表示
讃岐
リンク
カウンター
琴平電気鉄道
栗林公園・一宮・金毘羅に便利 !
映画DVDファッション雑誌無料ブログパーツ
カテゴリー
歴史・旅行リンク
にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村 トラコミュ 讃岐の伝説へ
讃岐の伝説
にほんブログ村 トラコミュ 高松松平藩へ
高松松平藩
にほんブログ村 トラコミュ 日本の文化へ
日本の文化
最近の記事
天気予報
高松の天気予報
-天気- -FC2-
最近のコメント
時計
出来屋の電光掲示板
QRコード
QRコード
国盗りカウンター
プロフィール

讃岐の出来屋

Author:讃岐の出来屋
おいでま~せ、出来屋のページヘ""

カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。