スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(71)“讃岐を訪れていた大塩平八郎”

 大塩平八郎(おおしおへいはちろう)は、江戸時代末期、貧民救済をかかげ幕府に反乱を起こした大坂町奉行の元与力(よりき)としてよく知られています。号は中斎と称します。平八郎は天保6年(1835)、讃岐多度津藩の元家老だった林良歳(りょうさい)を訪ねて、多度津に来ています。

 平八郎は、寛政5年(1793)1月22日、大阪町奉行所与力の子として大坂天満に生まれました。大塩家は禄高200石の裕福な旗本でした。しかし、幼くして父母を失い、祖父母に育てられます。14歳のときに与力見習として出仕し、26歳の時に東町奉行所の正式の与力となります。「与力」は今で言う警察機構の中堅というほどの職位です。
 平八郎は与力として不正の摘発に活躍しますが、学問研究にも励み、学者としても評価を得ていきました。天満にあった自分の屋敷で洗心洞塾を開き、多くの与力や同心、医師や富農にその思想を説いています。その思想は中国の王陽明の考えを支持し、「よいと知りながら実行しなければほんとうの知識ではない」という知行合一の立場です。
 天保元年(1830)38歳のとき、平八郎は養子の格之助に家督を譲り、与力を引退して、洗心洞での門人の指導に専念します。

 林良斎は文化5年(1808)、多度津京極藩の家老の家に生れました。平八郎より14歳年下です。通称を直紀といい、良齊は号です。また自明軒とも称していました。良斎は父の後を受けて多度津藩の家老となりますが、病弱のため甥の三左衛門に家督を継がし、天保6年(1835)、大阪へ出て平八郎について洗心洞で陽明学を研究します。
 その年の秋、平八郎は良斎を訪ね多度津に来ています。良斎は「中斎に送り奉る大教鐸(きょうたく)の序」に次のように記しています。
 「先生は壯(良斎のこと)をたずねて海を渡って草深い屋敷にまで訪問しました。互いに向き合って語ること連日、万物一体の心をもって、万物一体の心の人にあるものを、真心をこめてねんごろにみちびきます。私どもの仲間は仁を空しうするばかりで、正しい道を捨てて危い曲りくねった経(みち)に堕ちて解脱(げだつ)することができないと憂慮します。このとき、じっと聞いていた者は感動してふるい立ち、はじめて壯の言葉を信用して、先生にもっと早くお目にかかったらよかったとたいへん残念がりました。」
 翌年の天保7年(1836)にも、良斎は再び洗心洞を訪ね、平八郎に教えを乞いています。

 しかし、平八郎と良斎が親交を重ねていた頃には、天保の大飢饉が全国的に進行していました。長雨や冷害による凶作のため農村は荒廃し、米価も高騰して一揆や打ちこわしが全国各地で激発し、さらに疫病の発生も加わって餓死者が20~30万人にも達していました。
 天保7年(1836)、大坂にも飢饉が蔓延し、街中に餓死者が出る事態となりました。しかし、豪商らは米を買い占めて暴利を得る一方、町奉行は窮民の救済策をとる事もなく、米不足にもかかわらず大坂の米を大量に江戸に回送するという有様でした。
 これを見た平八郎は蔵書を処分するなど私財を投げ打って貧民の救済活動を行いますが、もはや武装蜂起によって奉行らを討つ以外に根本的解決は望めないと決意し、幕府の役人と大坂の豪商の癒着・不正を断罪し、窮民救済を求め、幕政の刷新を期して、門人、民衆と共に蜂起します。これが有名な「大塩平八郎の乱」です。この行動は平八郎の説く知行合一の思想からすれば当然の帰結だったのでしょう。
 しかし、この乱はわずか半日で鎮圧されてしまいます。平八郎は数ヶ月ほど逃亡生活を送りますが、ついに所在を見つけられたため、養子の格之助と共に火薬を用いて自決しました。享年45歳でした。天保8年3月27日(1837年5月1日)、明治維新の30年前のことです。平八郎父子は爆薬で自殺したために顔や体の形がよくわからないということもあって、生き延びたといううわさも当時はあったようです。多度津でも、平八郎は多度津に逃れてきていたという話がまことしやかに地元の人の間で今も語られているそうです。

 良斎はその後も陽明学の研究を続け、「類聚要語(るいしゅうようご)」や「学微(がくちょう)」など多くの著書を書き上げます。また、39歳の秋にはかねてからの念願であった読書講学の塾を多度津の堀江に建てています。その塾は「弘浜(ひろはま)書院」と名付けられ、藩の多くの子弟がそこで学び、彼らは明治に入ってからも活躍しました。良斎は陽明学者としては、本県初の人だと言われています。平八郎が没してから12年後の嘉永2年(1849)5月4日、43歳で没しました。
○訪れてみたいところ

多度津町奥白方の林求馬邸
 江戸時代末期の慶応3年に、多度津京極藩の家老だった林求馬が、外国の軍艦の攻撃があったときの殿様の安全な避難場所として、奥白方の山あいに建てた家老屋敷です。邸内には堀江にあった「弘浜書院」が復元されています。ここには、「自明軒」という扁額(横に長い額)が掲げられています。これは大塩平八郎から贈られたもので、良斎が洗心洞塾で学んでいたとき、あるいは帰国にさいして、平八郎が揮号(きごう)(書画を書くこと)したものといわれています。
多度津白方林邸

 なお、多度津町家中(かちゅう)の富井家には、大塩平八郎の著書といわれている「洗心洞塾剳記(せんしんどうさつき)」と「奉納書籍聚跋(ほうのうしょせきしゅうばつ)」の2冊が残されているそうです。いずれも「大塩中斎から譲られたものを良斎先生より賜れる」と墨書きされており、林良斎大塩平八郎から譲られ、その後、良斎から富井泰藏(たいぞう)に譲られたものと考えられます。

多度津町田町の勝林寺(しょうりんじ)
 この寺には林良斎の墓が門人達の手によって建立されています。儒礼で葬られ、井筒で囲まれています。

多度津町家中にある町立資料館
 ここでは多度津藩について知ることができます。
スポンサーサイト

テーマ : 香川
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

林求馬邸

お邪魔致します。
林求馬邸の記事を偶然見つけたので、TBさせていただきました。「讃岐の風土記」良いですね。
たまに立ち寄らせていただきます・・・。
四国のブログ

FC2Blog Ranking

全記事(数)表示
全タイトルを表示
讃岐
リンク
カウンター
琴平電気鉄道
栗林公園・一宮・金毘羅に便利 !
映画DVDファッション雑誌無料ブログパーツ
カテゴリー
歴史・旅行リンク
にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村 トラコミュ 讃岐の伝説へ
讃岐の伝説
にほんブログ村 トラコミュ 高松松平藩へ
高松松平藩
にほんブログ村 トラコミュ 日本の文化へ
日本の文化
最近の記事
天気予報
高松の天気予報
-天気- -FC2-
最近のコメント
時計
出来屋の電光掲示板
QRコード
QRコード
国盗りカウンター
プロフィール

讃岐の出来屋

Author:讃岐の出来屋
おいでま~せ、出来屋のページヘ""

カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。