スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(67)“高野山、東寺と並ぶ弘法大師三大霊場の一つ善通寺”

  弘法大師空海は、真言密教を中国から日本に伝えた平安時代初期の僧です。宗教家としてのみでなく、一方では満濃池の修築など各地で土木工事を行い、また庶民教育のための学校を設立するなど、非常に精力的な活動をしています。また、書道でも後に嵯峨天皇・橘逸勢と共に三筆と呼ばれています。さらに絵画や彫刻にも優れ、土木、建築、医療、教育、学芸など、あらゆる分野に才能を発揮し、日本全国の津々浦々に「弘法伝説」や「お大師信仰」を残しました。
 
 高野山は弘法大師三大霊場の一つで、弘仁7年(816)に空海が嵯峨天皇から賜り、真言密教の根本道場として開かれた地です。中でも総本山とされている金剛峰寺(こんごうぶじ)は日本宗教界最高の地位に君臨し、日本仏教、政治、文化などで重要な役割を果たしてきました。高野山は平成16年7月7日には、熊野・吉野とともに世界遺産に登録されていま
す。
 
 また、京都の東寺も弘法大師三大霊場の一つで、平安京遷都後まもない延暦15年(796)に国家鎮護の寺として創建され、それから20数年後の弘仁14年(823)に、嵯峨天皇から空海に下賜されました。この時から東寺は国家鎮護の寺院であるとともに、真言密教の根本道場となりました。平成6年12月、「古都京都の文化財」の一部として世界遺産に登録されています。

 この高野山の金剛峰寺、京都の東寺と並んで弘法大師三大霊場の一つに数えられている寺が讃岐の善通寺です。善通寺は、正式には屏風ヶ浦五岳山善通寺誕生院といい、真言宗善通寺派の総本山で、四国霊場第七十五番札所となっています。
 
 空海は奈良時代の末期宝亀5年(774)6月15日、現在の善通寺の地で誕生しました。生家の佐伯家は豪族で代々この地に住み、父は佐伯善通(よしみち)、母は玉依御前(たまよりごぜん)といいます。
 
 平安時代の始めの大同2年(807)、唐での留学を終えて帰国した空海は、先祖を祀る氏寺を建立しようと、父の邸跡に、かつて学んだ唐の青竜寺に模して伽藍を建立します。6年の歳月をかけて竣工し、本尊薬師如来を刻み安置しました。創建からちょうど1200年に当たる年が平成18年(2006)です。しかし、境内から出土する古瓦群からすれば、その創立はもっと古く奈良時代までさかのぼり、当初は佐伯氏の氏寺ではなかったかと考えられています。
 
 この寺の山号は西院の背後にそびえる香色山、筆山、我拝師山、中山、火上山の5峰にちなんで五岳山と名付けられました。これらの山が丁度屏風を立てたように並んでいるのでこの辺りを屏風が浦といいます。寺号は父の名をとり善通寺(ぜんつうじ)とされ、院号は大師誕生の地であることから誕生院とされました。
 
 善通寺はこのような古い歴史を持っていますが、戦国時代の永禄年間(1558~1570)には、阿波領主三好実休(じっきゅう)が、天霧城城主の香川之景(ゆきかげ)を討つために本陣を構えたことにより兵火に遭い、堂塔のほとんどが焼失しました。その後再建され今日に至っています。
○訪れてみたいところ

善通寺
 境内は約10万平方メートルという広大なもので東院(伽藍)と両院(誕生院)の二つに分かれています。
東院(伽藍)は旧境内と考えられており、金堂、五重塔、南大門、大楠、常行堂(釈迦堂)、佐伯祖廟、五社明神、三帝御廟、法然上人逆修堂、赤門などがあります。
 金堂は、南大門正面に位置し、江戸時代の貞享2年(1685)に再建されたものですが、基壇の石積みには創建当初の礎石が用いられています。堂内には本尊の薬師如来像が安置されています。
大楠は、幹が10mを越す老木で空海誕生時にはすでに繁茂していたと伝えられます。
 法然上人逆修堂は、鎌倉時代の初期の建永2年(1207)、讃岐に流された法然上人が善通寺に詣でた際、参詣者の後世の往生を祈って建立したと伝えられます。
 西院(誕生院)には、御影堂、産湯井、御影池、宝物館、護摩堂、聖霊殿、親鸞堂、聖天堂、仁王門、勅使門、済世橋、遍照閣などがあります。
 御影堂には山を背にした来迎図のような構図で描かれた大使自筆の自画像「瞬目大師(めひきたいし)」が安置されています。この自画像には次の話が残っています。
 弘法大師が唐へ留学するときに、母君のために自画像を描いて残そうと池に姿を写しましたが、夕暮れ時で見えませんでした。ところが裏山から光が差してきたので、その光に照らされて描くことができました。振り返ると、香色山の上に釈迦如来が姿を現していました。それで大師は、自画像の肩に釈迦如来の姿を書き加えたそうです。
 宝物館には、弘法大師が書を、母の玉依御前が仏像を描いたという一字一仏法華経序品、留学中に恵果和尚から真言宗第八祖の証として授けられた三国伝来金銅錫杖、木造吉祥天立像、木造地蔵菩薩立蔵など国の重要文化財などが収蔵されています。

満濃池
 讃岐の国司より、「前年より工を始め,堤防を築けども民力多く費えて工未だ成らず,民少なくして成功期し難し。僧空海は此の土の人なり。中略、伏して請う別当に宛てその事を為さしめ給え。」と、空海上人を奉行して勅遣して頂きたいと朝廷へ願い出、これにより空海は朝命を受け弘仁12年(821年)讃岐へ下向し工事を指揮しました。難工事であった満濃の池も、2か月あまりで完工したと記されている。

県歴史博物館
 空海室において弘法大師空海の生涯と事績を展示解説しています。
スポンサーサイト

テーマ : 香川
ジャンル : 地域情報

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

古都京都の文化財 古都京都の文化財(こときょうとのぶんかざい)は、京都府京都市・宇治市、滋賀県大津市に存在する寺院等の総称。1994年にユネスコの世界遺産(文化遺産)として登録された。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia

コメントの投稿

非公開コメント

うどんと塩

 うどん玉をねるときには、水のほか塩が必要です。したがって、うまいうどんを打つためには、良い塩があることが条件になります。
 讃岐は昔から良質の塩の産地でした。
 このことも讃岐でうどん作りが盛んになった重要な要因の一つと考えられます。

うどんとシルクロード

 小麦の原産地は、カスピ海の近くらしいのですが、シルクロードを通して、中国の方にも小麦が伝わりました。
 しかし、小麦は米のように炊いてそのまま食べることはできません。粉にして、それを水と塩でねって団子にし、さらにそれを薄く平たくして焼くか、または麺にしてゆでるという加工が必要になります。
 このような小麦を食べるための加工方法もシルクロードを通して中国に伝わりました。現在でも中国のシルクロード沿道では、薄く平たくして焼いたナンや、様々な麺が食べられています。
 空海は唐時代の長安(今の西安)に留学しています。長安はシルクロードの東の端で、この当時、西域の文物がいっぱい入ってきていました。この長安で空海も毎日麺を食べたはずです。
 麦は稲作とは反対に秋に植えて春に収穫します。また、乾燥したところで育ちます。(四国でも高知では麦は育たないといいます。)
 讃岐はもともと雨の少ないところで、麦の栽培には適しています。空海が稲作の裏作として小麦を故郷の讃岐で栽培しょうと考えたとしても、不思議はありません。
 
 

関連

 この話しについては、第50話「大師二十二人のうち五人までが讃岐出身」も参考にしてください。

空海とうどん

 善通寺市には犬塚伝説という話が残っているという。
 唐での留学を終えた空海は、日本に帰るとき、小麦の種を持ち帰ろうとしました。しかし、当時、小麦の国外持ち出しは禁止されていて、唐の役人が小麦の臭いを嗅ぎわけることのできる犬を使って、国外持ち出しをチェックしていました。今の麻薬犬のようなものでしょう。
 空海は足のふくらはぎのところを切って、その中に小麦の種を隠していました。このため、犬は空海のところで吠えました。しかし、小麦を隠していることは発覚しませんでした。空海はその犬を日本に連れて帰ったそうです。
 その犬の塚が善通寺国立病院近くにあるといいます。
四国のブログ

FC2Blog Ranking

全記事(数)表示
全タイトルを表示
讃岐
リンク
カウンター
琴平電気鉄道
栗林公園・一宮・金毘羅に便利 !
映画DVDファッション雑誌無料ブログパーツ
カテゴリー
歴史・旅行リンク
にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村 トラコミュ 讃岐の伝説へ
讃岐の伝説
にほんブログ村 トラコミュ 高松松平藩へ
高松松平藩
にほんブログ村 トラコミュ 日本の文化へ
日本の文化
最近の記事
天気予報
高松の天気予報
-天気- -FC2-
最近のコメント
時計
出来屋の電光掲示板
QRコード
QRコード
国盗りカウンター
プロフィール

讃岐の出来屋

Author:讃岐の出来屋
おいでま~せ、出来屋のページヘ""

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。