スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(130)“藤原京の瓦を焼いた日本最大級の瓦窯”

 香川県の西部に高瀬川という川があり、その流域に三野津平野という北が海への出口となり三方を山で囲まれた小さな田園地帯があります。ここは、その大半が17世紀後半の江戸時代前期に干拓され、室町時代以前には山裾近くまで海だったところです。今でも、この辺りには、浅津・砂押(大見)、西浜・東浜(下高瀬)、津ノ前・汐木(吉津という当時海岸だった頃の地名が残っています。
 この三野津平野の南の山麓に宗吉(むねよし、三豊市三野町吉津宗吉)というところがあり、古くからこの付近では、「ここでお大師さんが瓦を焼いた」との言い伝えが残っていました。近所の古老には幼い頃、赤茶けた窯(かま)の一部が露出していたところの中で遊んだという人もいたそうです。この瓦窯(がよう)の本格的な調査が始まったのは、平成2年の農道工事に伴う発掘調査からです。その調査により遺構が確認され、複弁八葉蓮華文軒丸瓦、変形偏向忍冬唐草文軒平瓦などが出土し、奈良国立文化財研究所で照合した結果、藤原京で使用された瓦と同一であることが確認されました。平成8年9月10日には、藤原京へ瓦を供給した瓦窯跡として国史跡に指定されています。

 現在の奈良市が平城京として日本の都であった期間は、一時中断はあるものの、和銅3年(710)から延暦3年(784)に長岡京に遷都されるまでの約70余年間です。この平城京の前の都が現在の奈良県橿原市にあったといわれる藤原京です。ここでは、持統・文武・元明の3天皇が居住し、16年間、日本の都として天皇や貴族中心のおおらかな白鳳文化(はくほうぶんか)が華咲きました。
 藤原京は、持統天皇の御代の持統4年(690)に着工されて同8年(694)に完成し、飛鳥浄御原宮(あすかきよみがはらのみや)から遷都されました。持統天皇は、天智天皇の娘で、夫は天智天皇の弟である天武天皇すなわち自分の叔父にあたります。夫がまだ大海人皇子と称していた頃に起きた壬申の乱(じんしんのらん)では終始行動を共にし、天武天皇が亡くなった後、子の草壁皇子が皇位を継承するよう目論んだものの、皇子が急逝したため孫の軽皇子(後の文武天皇)が成長するまでの中継ぎとして自ら天皇に即位しました。ちなみに、天智天応は大化の改新(645)のときの中大兄皇子です。なお、藤原京という名称は後世の人がそう呼んだもので、日本書紀には、京が「新益京(しんやくのみやこ、しんやくきょう)」、宮が「藤原宮」と書かれています。

 藤原京は、日本で最初の条坊制(じょうぼうせい)が布かれた本格的な中国風都城だといわれています。条坊制とは、中国の都に似せ、東西の道を条路、南北を坊路という碁盤目状に道路を走らせる町割(まちわり)をいいます。その大きさは北に耳成山(みみなしやま)、西に畝傍山(うねびやま)、東に天香具山(あまのかぐやま)の大和三山を内に含む5.3km四方で、面積は少なくとも25平方キロあり、平安京(23平方キロ)や平城京(24平方キロ)をしのぐ古代最大の規模だったと考えられています。
 都の中心やや北寄りには、ほぼ1km四方の内裏・官衙のある藤原宮が配置され、大極殿などの建物の周囲はおよそ5mほどの高さの塀で囲まれ、東西南北の塀にはそれぞれ3か所、全部で12か所に門が設置されていました。
 また、藤原京は日本で初めて中心建物を瓦葺きに統一した都でした。瓦は仏教と共に百済から日本に伝来し、飛鳥時代では、瓦葺きの許された建物は寺院のみでした。寺院以外で初めて瓦が使用されたのが藤原京だといわれており、大極殿・朝堂院・大垣の全てが瓦葺きとされました。その規模からするとこれらに必要な屋根瓦の数は200万枚とも推計され、藤原京の造営には極めて限られた期間での膨大な量の瓦生産が必要でした。
 これまでの出土例によると、藤原京のすぐ近くの日高山瓦窯(ひだかやまがよう)や久米寺瓦窯(くめじがよう)、奈良盆地緑辺部の安養寺瓦窯(あんようじがよう、平群町)、西田中瓦窯・内山瓦窯(大和郡山市)や高台・峰寺瓦窯(こうだい・みねでらがよう、御所市)で瓦が製造され運ばれています。さらに、これらの瓦窯でも需要に追いつかず、古墳時代以来の大窯業地帯であった陶邑窯(すえむらよう)を含む和泉国(大阪)や近江国(滋賀)の瓦窯で造られた瓦が補充されたものと考えられています。当時の軒瓦は1枚で10kgを超える重さがあることから、藤原宮のすぐ近くを除き、これらの地は水運に便利な地が選ばれたものと考えられます。

 藤原京に用いられた瓦の生産地としては最も遠く、しかも大規模なものが現在の三豊市三野町にある「宗吉瓦窯(むねよしがよう)」です。畿内以外で藤原京に用いられた瓦が出土しているのはここだけです。
 宗吉瓦窯跡は、現在までに、山麓の傾斜面をトンネル状にくりぬいた窖(あな)窯と呼ばれる構造の23三基の瓦窯跡と工房跡と見られる掘っ建て柱建物跡の一部が確認されており、この23基の窯跡は当時の瓦窯としては全国最大規模のものです。また、そのうち17号窯(17番目に確認した窯跡)は全長が13メートルあり全国最長のものです。したがって、宗吉瓦窯跡は日本国内で最大級規模の瓦窯跡といえます。
 7世紀末、大和から遠く離れた西讃岐の地が都の造営のための瓦生産地として選ばれた理由の一つは、水運の便だと考えられます。宗吉瓦窯跡の地は、現在は海から離れていますが、当時はすぐ近くまで古三野湾が迫っており、重い瓦を瀬戸内海を通じて船で運ぶことが可能でした。
 二つ目は、讃岐には、藤原京造営以前に、すでに造瓦技術を持った工人がかなりいたのではないかということです。讃岐では飛鳥時代にすでに開法寺(坂出市)や妙音寺(三豊市豊中町)が建立されており、大化の改新によって律令国家の基礎が確立した白鳳時代には17の寺院があったといいます。藤原京造営以前までは、屋根を瓦で葺くのは寺院だけで、その造営には瓦造りの工人が不可欠でした。実際、藤原京造営以前に宗吉瓦窯から讃岐の地元の寺院に瓦が供給されていたことが明らかにされています。
 三つ目は、短期間に大量の瓦を製造するためには、既存の造瓦工人だけでは追いつかず、その他多数の工人をかり出して瓦の生産にあたる必要があったと思われますが、宗吉瓦窯付近の現在の三豊市三野町大見、下高瀬から、高瀬町上高瀬にかけての火上山麓などの地域では、7世紀から8世紀の初めにかけて、須恵器作りが盛んだったといわれており、その人たちが瓦作りに従事したのではないかと考えられます。

 宗吉瓦窯の存在から、讃岐は藤原京が造営される頃には、すでに大和朝廷と深い結びつきがあり、瀬戸内海を通じて頻繁に飛鳥地方と行き来があったのではないかと考えられます。また、讃岐は古代、仏教文化の先進地であり、当時の先端技術を持つ工人が多数居たのではないかと考えられます。瀬戸内海は中国大陸・朝鮮半島と大和を結ぶ交通ルートに当たることから、大和の西手前に位置する讃岐は、古代、先端の文化や技術がいち早くもたらされたのではないでしょうか。
 ちなみに、空海が讃岐で生まれたのは、奈良時代の末期宝亀5年(774)6月15日で、藤原京の完成より80年後のことです。「ここでお大師さんが瓦を焼いた」という言い伝えよりも歴史的事実の年代の方が古いというのはおもしろいことです。

続きを読む

スポンサーサイト

(91)“讃岐に来て歌を詠んだ万葉歌人柿本人麻呂”

  万葉集第一の歌人といわれる柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)は、7世紀後半から8世紀前半にかけて、飛鳥時代の持統朝(在位:686年 - 697年)と文武朝(在位:697年 - 707年)の宮廷で活躍した歌人です。人麻呂は、平安時代以降「歌の聖」として崇められ、やがて「歌の神」といわれるようになります。
 「万葉集(まんようしゅう)」は、7世紀後半から8世紀後半頃にかけて、天皇、貴族から下級官人、防人(さきもり)ら様々な身分の人々が詠んだ歌を4500首以上も集めた日本最古の歌集です。その成立は奈良時代の759年(天平宝字3)以後と見られ、素朴で率直な歌いぶりに特徴があるとされています。まだ仮名文字が作られていなかった頃だったので、全文が漢字で漢文の体裁により表記されていますが、漢字の意味とは関係なく、漢字の音訓だけを借用して日本語の語順で書かれています。これを万葉仮名といいます。
 万葉集には、人麻呂が詠んだ長歌19首・短歌75首が掲載されていますが、この中には、讃岐に来て詠んだ歌があります。

 人麻呂については史書に記載がなく、その生没年、経歴等は一切不明です。その生涯については謎とされていますが、645年の大化改新の前後に生まれのではないかと推測されています。この頃の讃岐では、大化改新の後の667年に屋島城(やしまき)が築かれたと日本書紀に記されています。この城は、663年に倭国が唐と新羅の連合軍に白村江の戦いで破れたため、その侵攻に備えて築かれたものといわれています。
 制作年代が明らかな人麻呂の最初の歌は、680年 (天武9)の人麻呂歌集(ひとまろかしゅう)七夕歌の中の一首だといわれており、天武朝(在位:673年 - 686年)に歌人としての活動を始めたと考えられています。この直前の672年 (天武元)には、大海人皇子と大友皇子が争い、壬申の乱が勃発しています。
 人麻呂が宮廷歌人として万葉集に登場するのは次の持統天皇の代(在位:686年 - 697年)からで、行幸に従駕して天皇を讃える歌や、草壁皇子(くさかべのみこ)殯宮挽歌(ひんきゅうばんか)など皇子たちの死を悼んだ歌を公の場で詠んでいます。
 人麻呂は長く宮廷に仕えて、多くの荘重な歌を残しましたが、制作年代が明らかな最後の歌は、700年 (文武4)の、明日香皇女(あすかのひめみこ)殯宮挽歌です。この後、宮廷を離れた人麻呂は、筑紫や讃岐国など各地を転々とし、最後に石見国で妻に見取られることなく、六位以下の下級官吏で生涯を終えたとされています。それは710年の平城京遷都の前頃までではないかと推測されています。

 筑紫や讃岐国など各地を転々としていた頃に作られたものと思われますが、「万葉集」巻二には、人麻呂が、「中之水門(なかのみなと)」より舟で狭岑(さみ)島に来て、岩の中に横たわる行き倒れの死人を見て詠った次の長歌1首と短歌2首が収められています。
  玉藻(たまも)よし 讃岐の国は 国柄(くにがら)か 見れども  飽かぬ 神柄(かみがら)か ここだ貴(とうと)き 天地(あめ  つち) 日月(ひつき)とともに 満(た)り行かむ 神の御面   (みおも)と 継ぎ来たる 中之水門(なかのみなと)ゆ 船浮け  て 我が漕ぎ来れば 時つ風 雲居に吹くに 沖見れば とゐ波立  ち 辺(へ)見れば 白波騒く 鯨魚(いさな)取り 海を畏(か  しこ)み 行く船の 梶引き折りて 彼此(おちこち)の 島は多  けど 名ぐはし 狭岑(さねみ)の島の 荒磯面(ありそも)に   廬(いほ)りて見れば 波の音(と)の 繁き浜辺を 敷栲(しき  たえ)の 枕になして 荒床(あらとこ)に より臥(ふ)す君が  家知らば 行きても告げむ 妻知らば 来も問はましを 玉鉾(た  まほこ)の 道だに知らず おぼほしく 待ちか恋ふらむ 愛    (は)しき妻らは
    反歌二首
  妻もあらば 摘(つ)みて食(た)げまし 沙弥(さみ)の山 野  の上(へ)の宇波疑(うはぎ) 過ぎにけらずや
  沖つ波 来よする荒磯(あらいそ)を しきたへの 枕とまきて   寝(な)せる 君かも
 この歌は、死人を見た人麻呂が憐れに思い、家がわかれば知らさねば、妻が飛んでくるであろうに。妻がいれば一緒につんで食べもしよう「よめな」(宇波疑)はもう盛りが過ぎたが、と詠んだものです。
 歌の中に出てくる「中之水門(なかのみなと)」とは「那珂の港」をいうとの説もあり、今の丸亀市中津の金蔵川河口付近ではないかと考えられています。また「狭岑島」とは今の沙弥島と考えられています。
人麻呂については謎だらけで、なぜ讃岐に足跡を残したのかも不明です。しかし、讃岐に来たことは史実でしょう。

 いわゆる、遣唐使の瀬戸内海航路としては、摂津、播磨、吉備(備前・備中・備後)、安芸、周防という本州側のルートが言われていますが、さかのぼる時代では、四国側のルートもあったのではないかと考えられています。人麻呂はこのルートで讃岐にやってきたのでしょう。風や潮のぐあいにあわせて、舟は讃岐の沿岸の港に寄港しながら航行したと思われます。
 万葉集巻一にも、舒明 (じょめい) 天皇(在位629~641)が伊予の湯宮(道後温泉)へ海路で行幸した帰りに讃岐の安益(あや)郡(綾歌郡)に立ち寄ったとき、その従者の軍王(いくさのおおきみ)が山を見て作ったという歌が載っています。
  霞立つ 長き春日の 暮れにける わづきも知らず 村肝(むらぎ  も)の 心を痛み 鵼子鳥(ぬえこどり) うらなげ居れば 玉襷  懸(たまだすきかけ)のよろしく 遠つ神 わご大君(おおきみ)  の 行幸(いでまし)の 山越す風の 独(ひとり)居る 吾が衣  手に 朝夕に 還らひぬれば 大夫(ますらお)と 思へる吾も   草枕 旅にしあれば 思ひ遣る たづきを知らに 網の浦の 海処  女(あまおとめ)らが 焼く塩の 思ぞ焼くる 吾がしたごころ
    反歌
  山越(やまごし)の 風を時じみ 寝(ね)る夜おちず 家なる妹  (いも)を かけてしねびつ
 この歌は「網の浦」に船を寄せたとき長旅のわびしさに妻への思慕を詠ったものですが、「網の浦」は今の宇多津の津の郷の辺り、「山越(やまごし)の風」とある山は津の山、を指したものではないかという説もあります。

 人麻呂が立ち寄った頃の讃岐では、大宝年間(701~704)に、国守・道守朝臣(ちもりのあそん)により満濃池が築造されたといわれています。空海が修築したのはそれから約120年後のことです。また、讃岐の志度の玉とり海女の伝承も人麻呂が生きた頃の物語です。
 讃岐の沖合いを船で航行すると、海に島が次々と現れ、また讃岐富士(飯野山)をはじめとする秀麗な姿の山々を南に見ることができます。人麻呂はこの景色を見て、「玉藻よし 讃岐の国は 国柄(くにから)か 見れども飽かぬ」と詠んだのでしょう。

続きを読む

(31)“朝鮮・中国からの侵攻に備えて築かれた城”

 6世紀から7世紀にかけて、朝鮮半島では百済(くだら)、新羅(しらぎ)、高句麗(こうくり)の三国が鼎立していました。倭国(日本)は南部の任那を通じて半島に影響力を持っていましたが、任那が新羅に滅ぼされたためこの地域の奪還を願っていました。

 斉明6年(660年)年、百済が唐(とう)と新羅の連合軍に攻め滅ぼされ、倭国に助けを求めます。大化の改新を成し遂げ国力が充実していた倭国は、新羅の強大化を好まず、実質的な首班であった中大兄皇子(なかのおおえのおうじ、後の天智天皇)は直ちに百済救援を決定します。皇子は、天智2年(663年)3月、2万7,000の大軍を朝鮮半島に派遣します。しかし、倭国と百済の連合軍は増強された唐・新羅の連合軍に追いつめられます。

 こうした形勢を打開するため、天智2年8月27日、倭国の水軍は錦江下流の白村江(はくすきのえ)に突入を試みます。しかし、この戦いで、倭国と百済の連合軍は唐と新羅の連合軍に歴史的な大敗を喫します。この戦いを白村江の戦いといいます。日本が外国との戦争で明確に負けたのはこの時と太平洋戦争の2度だけです。その5年後には高句麗も滅ぼされ、日本は朝鮮半島における友好国のすべてを失い、半島は親唐の新羅により統一されます。このとき日本は多勢の百済高句麗からの亡命者を受け入れます。

 その後、中大兄皇子は即位して天智天皇となります。そして、唐・新羅による報復と侵攻に備え、九州大宰府に水城(みずき)や瀬戸内海沿岸に朝鮮式山城(やましろ)などの防衛施設を築き、北部九州沿岸には防人(さきもり)を配備します。また667年には都を難波から内陸の大津京へ移し、万一新羅が瀬戸内海を渡って攻め込んで来たときに備えた防衛網を完成させます。この大津は壬申の乱で天智天皇の弟の天武天皇が天下を取るまで日本の都でした。白村江の敗戦は、倭国内部の危機感を醸成し、日本という新しい国家の建設を結果としてもたらしたといわれています。

 唐・新羅の侵攻に備えて作られた朝鮮式山城の一つが屋島城(やしまのき)です。日本書紀に、「天智天皇六年十一月築大和国高安城(やまとのくにたかやすのき)讃岐国山田郡屋島城(さぬきのくにやまだのこおりやしまのき)対馬金田城(つしまのくにかなたのき)是讃岐国ニ於ケル城壘ノ初メ也」との記載があります。長らくその実体はよく分かりませんでしたが、平成10年2月に南嶺山上部近くの西南斜面において石塁が発見されたことを契機にして、南嶺北斜面・南斜面で確認されていた土塁と関連することがわかり、東斜面でも同様の地形が確認されたことから、山上部付近の斜面に断続的ながら古代屋島城の外郭線(防御ライン)が巡っていることが判明しました。また西南斜面の石塁の一部から城門遺構が確認されたことにより、屋島城の存在が実証されました。

 日本書紀には記載されていませんが、讃岐にはもう一つ古代の山城があります。坂出市にある城山(きやま)です。この城は白村江の戦いの後に築かれたものか分かっていませんが、九州北部や山口県にある朝鮮式山城と同様の特徴を持っていると言われています。城山から北方眼下に瀬戸内海、西に丸亀平野、東に高松平野の一部を展望することができます。

続きを読む

(1)“中臣鎌足の息子と孫の物語が残る志度”

 志度の海女 玉藻 と面向不背の玉
 中臣鎌足
(なかとみのかまたり)は、645年、中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)とともに飛鳥板蓋宮(あすかいたぶきのみや)にて、当時政権を握っていた蘇我入鹿(そがのいるか)を暗殺し、大化の改新を進めたことで有名です。後に中大兄皇子は天智天皇(てんちてんのう)となり、鎌足は「藤原」の姓を賜り藤原氏の祖となりました。この鎌足の息子が藤原不比等(ふひと)です。

 不比等は鎌足の後継者として大宝律令(たいほうりつりょう)を編纂して律令制度の確立に貢献するなど藤原氏の繁栄の基礎を固めた人物です。不比等には4人の息子がおり、南・北・式・京の藤原四家の祖となりました。このうち、次男の藤原房前(ふじわらふささき)は藤原北家の始祖となり、その嫡流は摂関家として公家の最高家格となりました。讃岐には不比等と房前にまつわる話が残っています。

 高松琴平電気鉄道の高松瓦町駅から志度線に乗ると、高松市牟礼町原に“房前(ふささき)”という名の無人駅があります。この辺りは志度線が志度湾に沿って急カーブで抜ける景勝地で、琴電撮影の名所ともなっています。またここは世阿弥(ぜあみ)の作といわれる能楽「海士(あま)」の舞台となっており、その物語は次のようなものです。

 房前は、ある時、亡き母をたずねて讃岐の国志度の浦を訪れ、そこで父・不比等と母である海女の物語を聞かされます。13年前、不比等は、竜宮に持ち去られた「面向不背の珠(めんこうふはいのたま)」という宝物を探し出すため、この地に来ました。そこでひとりの海女と出会い、男の子をもうけます。不比等は自分がこの地にきたわけを海女に打ち明け、珠を取り返してくれるように頼みます。
 
 海女は、深い愛情を注いでくれた不比等に感謝し、その珠を竜宮からとりもどせば、身分の低い自分のようなものが生んだ子でも藤原の跡継ぎにしてくれるように頼みます。そして海女は海に飛び込み水底深く潜っていきました。海女は竜宮へおもむき、自分の乳の下をかき切って体内に珠をかくし海上へたどり着きました。珠はみごとに不比等の手にとりもどされましたが、海女は傷がもとで亡くなってしまいました。不比等は海女を丁寧に葬り、約束どおり房前を正式な息子として都に連れて帰りました。この話をきいた房前は涙しながら母の菩提をとむらい、法華経の功徳で母は成仏しました。

 この話は、志度寺に伝わる「志度寺縁起」の中の「玉取り伝説」といわれる物語で、志度寺の境内の一隅には海女の墓という石塔があります。平安時代後期の歌謡集である「梁塵秘抄(りょうじんひしょう)」には、「四方(よも)の霊験所(れいげんしょ)」として、信濃の戸隠駿河の富士などとともに、「讃岐の志度道場」があげられており、志度の海は古くから異界へ通じる霊場とされていました。




 にほんブログ村 歴史ブログへ ← 歴史に興味のある方、クリックして下さい。

maku-ryuu[1].jpg

続きを読む

テーマ : 香川
ジャンル : 地域情報

琴平電気鉄道
栗林公園・一宮・金毘羅に便利 !
映画DVDファッション雑誌無料ブログパーツ
カテゴリー
歴史・旅行リンク
にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村 トラコミュ 讃岐の伝説へ
讃岐の伝説
にほんブログ村 トラコミュ 高松松平藩へ
高松松平藩
にほんブログ村 トラコミュ 日本の文化へ
日本の文化
最近の記事
天気予報
高松の天気予報
-天気- -FC2-
最近のコメント
時計
出来屋の電光掲示板
QRコード
QRコード
国盗りカウンター
プロフィール

讃岐の出来屋

Author:讃岐の出来屋
おいでま~せ、出来屋のページヘ""

カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。