スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(148)“瀬戸内の島に伝わる歌舞伎と文楽”


 歌舞伎は、徳川家康が征夷大将軍の宣下を受けた慶長8年(1603)に、出雲のお国が、派手な着物を着、男髷に髪を結い、長い刀を差した「傾き者」(かぶきもの)といわれる男の姿で踊ったのが始まりといわれています。これを「女(遊女)歌舞伎」といいますが、風紀を乱すということで、寛永6年(1629)に幕府から禁止されます。
 次いで少年が女装した「若衆歌舞伎」が登場しますが、これも承応元年(1652)に「禁止され、4代将軍徳川家綱の時代の承応2年(1653)、前髪を剃り落とした成人の髪型(野郎頭)になること、物真似狂言尽(ものまねきょうげんづくし)に徹することを条件に再開が許可されます。これを「野郎歌舞伎」といい、この形態が今に至る歌舞伎の原形となっています。
 歌舞伎が興行として定着したのは、元禄時代(1688~1703)の頃だといわれていますが、それはまだ、江戸、京、大坂に限られており、地方でも興業されるようになるのはもっと後のことです。ちなみに、金毘羅大芝居が完成し、こけら落としが行われたのは、江戸後期の天保6年(1835)のことです。

 小豆島は、「オリーブの島」とか「醤油の島」などとして知られていますが、古くから農村歌舞伎が盛んなところで、「歌舞伎の島」ともいうべきところです。
 小豆島では、元禄時代前の貞享3年(1686)、すでに、現在の土庄町肥土山(ひとやま)において、灌漑用のため池・蛙子池(かえるごいけ)が完成したのを祝して、地元民により、離宮八幡神社の境内に仮小屋が建てられて芝居が上演されています。また、6代将軍・家宣の時代の正徳2年(1712)に、内海の葺田(ふきた)八幡神社境内で芝居が上演されたという記録が残っています。ちなみに、高松市香川町東谷にも、祇園座という農村歌舞伎が残されていますが、この地区で演じられるようになったのは、江戸後期の安政年間(1854~1860)の頃だといわれています。
 このように、小豆島では既に江戸時代前期に歌舞伎が演じられていたというのは、小豆島には上方の情報や物が短時間で伝わっていたということでしょう。これは、小豆島は、播磨灘を越え明石海峡を過ぎるとすぐに大坂に至るという地理的位置にあり、船で直接行き来することができるという海上交通の便に恵まれていたこと、また、江戸時代には、幕府直轄地として大坂奉行の管轄にあり、天領地では庶民が娯楽を楽しむことに寛大であったことなどによるものと考えられます。
 小豆島と大坂とは、古くから人的、物的な交流があり、深い結びつきがありました。例えば、島の若者は、年頃になると、女性は行儀見習い、男性は丁稚奉公・弟子奉公として大坂へ行く慣習があったといいます。また、醤油、素麺、石、塩といった島の産物の多くが大坂へ運ばれています。小豆島の農村歌舞伎も、上方と小豆島との結びつきから生まれたものでしょう。

 小豆島全島に歌舞伎が広がっていったのは、江戸時代後期、19世紀前期の文化・文政年間以降だと考えられています。それは、いわゆる祭典芝居といわれるもので、地元の氏神様の祭りのときに、氏子達が中心となって奉納芝居として演じられるものでした。芝居舞台も、そのほとんどが神社境内敷地の社殿と向きあった場所で建てられています。
 しかし、島の人たちは全く宗教的動機だけで芝居を演じたのではなく、当時、氏神様の祭りは庶民の大きな娯楽だったことからすると、娯楽的として芝居を演じ、鑑賞したものと思われます。小豆島の人は、お伊勢参りに行ったときには、大坂で芝居見物をしてから帰るなど、上方の文化に直接接し、馴染んでいたといわれており、芝居を楽しむという習慣が当時すでに定着しており、その文化的高さを伺い知ることができます。

 幕末の安政3年(1856)には、上方役者の坂東いろはが来島して肥土山に住み着き、また、後に、その弟といわれる初代嵐璃當(あらしりとう)も大坂の大火で衣装を失ったため安田に着て住み着いたといわれており、彼らの指導により小豆島農村歌舞伎は磨きがかかり洗練されたものになっていきました。また、その演目も、「伽羅先代萩」、「仮名手本忠臣蔵」、「義経千本桜」などといった名作定番だけでなく、「清水騒動雪降新形」、「星ヶ城古跡の石碑」、「島義罠伝平井兵左衛門」など「島出来」(しまでき)という小豆島の事件から取材した独自のものが作られるようになっていきました。
 こうして、小豆島における農村歌舞伎は、幕末から活況を呈し、明治・大正の隆盛期を経て昭和の初年まで、島全体で舞台が33棟、衣装が1000点以上、鬘(かつら)が200個以上、根本(ねほん)が1000冊以上あり、俳優が600~700人いたといわれています。
 芝居は舞台だけでなく、各村の神社境内地や浜辺などの空き地に掛け小屋を作り、祭礼や縁日を主として、後援者の厄年・還暦の祝い芝居なども行われ、毎日島のどこかで上演しているというほど盛況でした。中には一座を組んで岡山児島方面に買われていくこともあったようです。この頃の小豆島では、観客が割盒(わりご)弁当を開き、酒を酌み交わしながら見物するという風景がいたるところで見られました。
 このように小豆島の農村歌舞伎は、300年あまり前から根付いてきた島の文化であり、現在でも、土庄町肥土山と池田町中山の2つの舞台において、毎年恒例の上演が催されています。

 小豆島の近くの直島(なおしま)でも、江戸時代から、歌舞伎や能、人形浄瑠璃などが盛んに上演されていました。本村地区の城山(しろやま)には間口13間(約23.7メートル)、奥行き8間(約14.6メートル)の回り舞台、セリ、囃子座(はやしざ)、スッポンなどのついた豪華な歌舞伎の舞台があり、島の一座により歌舞伎が上演されると、中国・四国、遠くは関西方面からも観客が訪れ、港はその人達の船で何重にも埋められるほどであったといいます。
 このように直島で芸能が盛んであったのも、瀬戸内海を通じて外の世界とつながり、また天領地であったとこから自由な気風があったことによるものと思われます。
 特に文楽は「デク芝居」として人気があり、八十八夜の鯛網の頃には、島の網元が淡路島から人形浄瑠璃の一座を呼び寄せ、琴弾の浜で上演されていたといいます。さらに見物するだけでは飽き足らず、島の人自身が人形を所有し、演じていました。最盛期の天保年間(1830~44)には、島内に、下津(かけ)、乾(なかや)、高田(きったいどん)、山名(ぎざえもん)の4家が人形の頭を所有し、一座を組んでいました。
 しかし、明治6年、阿波へ文楽の人形を買いに行った帰途、小豆島沖で船が難破し、5人中2人が死亡するという不幸が起き、それが原因で文楽熱は廃れていったといいます。こうして、明治・大正・昭和の3代にわたって文楽は途絶えましたが、昭和23年から青木ツタ、下津カツノらの女性が人形芝居の稽古を始めたことにより復活し、女ばかりの「直島女文楽」一座が誕生しました。昭和34年、県無形文化財となり今日まで受け継がれています
 なお、直島以外でも、讃岐には高松市円座町に「香翠座(こうすいざ)人形」、三豊市三野町大見に「讃岐源之丞(げんのじょう)人形」が伝わっています。

続きを読む

スポンサーサイト

(102)“隠れキリシタンがいた小豆島”

 キリスト教が日本に渡来したのは、戦国時代の天文18年(1549)、イエスズ会士フランシスコ・ザビエルが鹿児島に来た時です。翌年、ザビエルは、鹿児島から山口を経て海路上洛していますが、当時の航路からみて塩飽諸島にも寄港したものと考えられています。ザビエル以来、宣教師が続いて渡来し、信長や秀吉の保護もあって半世紀の間にキリスト教は日本全国に広まり、キリシタン大名も現れました。
 讃岐で最初のキリシタンが誕生したのは、宣教師たちが瀬戸内海を往来する途中で塩飽に立ち寄ったこともあり、塩飽の本島だといわれています。天正2年(1574)、カブラル神父は、塩飽本島で病気のため8日間滞在しており、このとき「宿の主人はその勇気がなかったが、その妻のみキリシタンとなった」と手紙に書いています。ザビエルが鹿児島に上陸してから25年後のことです。

 小豆島にキリスト教が渡来したのは、さらにそれから12年後の天正14年(1586)のことです。天正13年(1585)、豊臣秀吉は、根来・雑賀攻めの功により、小西行長に小豆島の管理権を与えます。行長は、和泉堺の薬種商小西隆佐の養子で、備前宇喜多直家に仕えた後、秀吉に仕えていました。翌年、キリシタンだった行長は大阪のセミナリオ(神学校)にいたグレゴリオ・デ・セスペデスを島に呼び寄せて布教を行わせます。セスペデスは1ケ月余りで1400人に洗礼を授け、島民たちは長さ約15メートル以上もある美しい一基の十字架が建てたといわれています。セスペデスが布教した場所は草加部(くさかべ)地区と推測されています。
 ところが、豊臣秀吉は、島津征伐の後の天正15年(1587)、キリスト教禁止策に転じ、日本に在留する宣教師らに国外へ退去するよう命じます。これに対して、キリシタン大名である高山右近(たかやまうこん)は、信仰を捨てることを公然と拒否し、このため明石の領地を奪われます。右近は高槻城主から明石7万石に転封されていました。また、オルガンチノ神父らは日本国内に留まります。オルガンチノはルイス・フロイスと共に京都を中心に布教活動をしていた宣教師で、フロイスが去った後の布教活動の中心人物でした。こうして流浪の身となった右近とオルガンチノ神父を庇護したのが、当時、小豆島を支配していた小西行長でした。
 高山右近は、博多沖の無人島から淡路島を経て室津でオルガンチノと合流し、小豆島に入ります。彼らが小豆島のどこで潜伏していたかは定かでありませんが、オルガンチノは四方を山に囲まれた一軒家、右近はそこからさらに数キロ奥に入った場所で隠れていたといわれており、両人は交流を続けていたようです。また、オルガンチノが小豆島に隠れていることを知った京都、大坂、高槻、堺などのキリシタンが、秘かに小豆島に手紙を寄せてきたり、訪れてきたといわれています。秀吉の命令は、布教活動は禁止するが、貿易は奨励するという不徹底なものでした。

 ところが、さらに翌年の天正16年(1588)、小西行長は豊臣秀吉によって小豆島から肥後南部の宇土(現在の熊本県宇土市)・24万石に転封されます。ちなみに、この年、讃岐では生駒親正が高松城の築城に着手しています。行長の転封に伴い高山右近も九州に向かいます。しかし、右近は、間もなく加賀金沢城主の前田利家に客将として迎えられ、1万5千石の扶持を与えられます。
 その後、秀吉が朝鮮半島に攻め込み、文禄の役(文禄元年(1592)~2年(1593))と慶長の役(慶長2年(1597)~3年(1598))が起きます。このとき、行長は加藤清正と先陣争いをしたり、秀吉に偽って明と講和を結ぼうとしたことで知られています。

 慶長3年(1598)秀吉が没した後、慶長5年(1600)に関ヶ原の合戦が起き、この戦で行長は豊臣側につき敗れます。この時、行長はキリシタンであったことから切腹を拒否し、京の六条河原で斬首されます。享年42歳といわれています。
 一方、右近は、関ヶ原の合戦後も、加賀で前田家の庇護の下に平穏に暮らしていました。しかし、徳川家康もキリスト教に対して秀吉と同じく禁止策をとり、幕府は慶長17年(1612)に禁教令を出し、慶長19年にはキリシタン国外追放令を出します。このときも右近は信仰を捨てなかったため、ルソン(今のフィリピン)のマニラへ追放となり、そこで没します。享年63歳でした。

 小西行長の後、小豆島の支配は、片桐且元(かたぎりかつも)に替わります。そして、元和元年(1615)に長崎奉行兼堺奉行の長谷川佐兵衛藤広、次いで元和4年(1618)に伏見奉行の小掘政一(遠州)と替わり、さらに次いで正保4年(1647)から幕府の直轄地となります。そして、これらの支配の下では、行長の方針と正反対に、キリシタン信者に対する厳しい取締りが行われました。特に寛永7年(1630)の小掘遠州による探索詮議により相当数の信者が捕らえられ、転宗させられています。小掘遠州は茶人、造園家としてよく知られている大名です。
 しかし、小豆島ではこの弾圧下の中にも、かなりの人数の隠れキリシタンが存在したのではないかと考えられています。ちなみに小豆島には今も各所に隠れキリシタンのものではないかと考えられている墓が多く残っています。その多くは、旧家や旧庄屋のものです。当時は、寺社奉行の管轄であるため治外法権となる寺の境内や、屋敷の中に囲いを作って墓を祀っていたようですが、今も、屋根を横から見ると十字に見える墓や、小さく十字が刻まれた墓などを各所で見ることができます。

 また、寛永14年(1637)、九州で島原の乱が起きていますが、この乱と小豆島とは深い縁があります。この乱は、島原藩の肥前島原半島と、唐津藩の肥後天草諸島の農民をはじめとするキリシタンたちが起こした反乱ですが、天草は小西行長の領地だったところで、この乱には行長の家臣だった多くの浪人が加わっていたといわれています。乱の指導者・天草四郎時貞の父も行長の遺臣だといいます。
 この乱は、翌年の寛永15年(1638)に、原城が陥落して鎮圧されますが、篭城の3万7千人が全滅しました。この中には多数の農民が含まれており、耕作者を失った島原半島南部は荒廃しました。そこで、幕府は農民移住政策をとり、全国から農民を移住させ復興を図りました。天領である小豆島にも当然その政策が及び、小豆島から島原半島南部一帯に多くの者が移住しています。坂手庄屋高橋次右衛門のようにくじ引きで移住した者、生活困窮のため自ら進んで移住した者など様々ですが、「公儀百姓」として集団移住した家は、内海町田浦、坂手、池田町中山、土庄町笠ヶ滝など1000軒以上もあったといいます。

 なお、慶長19年(1614)に幕府がキリシタン国外追放令を出した後の生駒藩の状況ですが、生駒藩の領内にはまだかなりのキリシタンがいたようです。生駒氏が入る前の讃岐では、阿波の三好一族の十河氏が勢力をはっており、三好長慶ならびに弟の実休は熱心なキリシタンでした。このため十河氏もキリシタンに寛大で、讃岐にはこの頃からキリシタンを受け入れる素地があったのではないかと考えられています。
 生駒藩の取締りも、京、大坂、堺などに比べて緩やかだったようで、キリシタン国外追放令が出た時に、パルタザル・デ・トルレスという宣教師が大坂から讃岐に逃れてきています。元和2年(1616)には観音寺のシンジュウロウという人物が妻カタリナの影響を受けて信者となっています。また、寛永2年(1625)には、ボロという宣教師が来て高松の熱心な信者の歓迎を受けています。しかし、元和3年(1617)には、高松城下に住む商人のアントニオ石原孫右衛門と4歳の息子フランシスコが処刑されており、これが讃岐最初の殉教者だといわれています。
 島原の乱後の寛永17年(1640)生駒藩は改易され、その後、東讃岐は松平氏、西讃岐は山崎氏の領地となりますが、この頃、両藩にはまだかなりのキリシタンがいたようです。西讃岐では、万治元年(1658)山崎氏の後に京極氏が入封しますが、京極氏は、祖父の高次の代からの一家一族あげてのキリシタンでした。禁教令が出たときに改宗していますが、丸亀城内に十字池と呼ばれるクロスを残し、その後も密かに信仰を守ったという俗説が伝わっています。

関連記事 (22)“島原の乱と小豆島そうめん

続きを読む

テーマ : 香川
ジャンル : 地域情報

(97)“瀬戸内海の中にある醤の郷”

 醤油の産地といえば日本四大産地がよく知られています。千葉県の野田と銚子、兵庫県の竜野、それに瀬戸内海に浮かぶ香川県の小豆島です。この島の南東部にある小豆島町・内海地区は、醤油工場やもろみ蔵が軒を連ね芳しい香りが漂っており、「醤の郷(ひしおのさと)」と呼ばれています。

 醤油のルーツは、古代中国に伝わる「醤(ひしお・ジャン)」であるといわれています。これは原料を塩漬けにして保存したことから始まったもので、たんぱく質を含む食材に塩を加えて発酵させ、その結果生じるアミノ酸などのうまみ成分と塩味を利用したものです。それぞれ使う材料で、果実、野菜、海草などから「草醤(くさびしお)」、魚から「魚醤(うおびしお)」、肉から「肉醤(ししびしお)」、穀物から「穀醤(こくびしお)」などがありました。醤油はその中でも米・小麦・大豆を材料とした穀醤が原型と考えられています。
 中国から日本にいつ頃伝わったかは明らかでありませんが、8世紀初頭に編纂された大宝律令によると、宮内庁の大膳職に属する「醤院(ひしおつかさ)」で大豆を原料とする「醤」がつくられていたとされています。これは今でいう醤油と味噌の中間のようなもので、宮中宴会などの食卓にのぼっていたようです。

 現在使われている醤油の原型は、鎌倉時代の建長6年(1254)、信州の禅僧・覚心(かくしん)が中国の宗から径山寺(きんざんじ)味噌の製法を持ち帰り、紀州(和歌山県)の湯浅で、その製法を教えているうちに、その味噌桶の底に溜まった醤(味噌溜)がとても美味しいことに気づいたことによるといわれています。それが今でいう溜(たまり)醤油になったそうです。
 そして、室町時代中期頃から産業化され、始めは京都の宮廷を中心とした公卿や僧侶・上層の武家階級に使われていたようですが、天正年間には大阪の町人衆の日用品として使われていたといいます。その頃の産地の中心は播州や泉州などの上方(関西)の近くで、「淡口醤油」でした。

 江戸時代に入り、醤油は一般に普及していきますが、関東では、初めの頃は上方から運ばれてきたものを「下り醤油」と呼んで使っていました。しかし元禄から享保時代(1688~1736年)の頃にかけて江戸っ子の好みにあった濃い味の醤油が造られ始めました。これが「地回り醤油」と呼ばれるもので、今の「濃口醤油」にあたるものです。
 このようにして江戸時代、醤油は除々に全国に伝わっていき、これとともに江戸、京都、大坂等の大都市の周辺部に位置し、しかも原料となる大豆・小麦を船で大量に輸送できる水運の要衝に大規模な醤油産地が出現していきました。関東では利根川、江戸川などの水運に恵まれていた現在の千葉県の野田や銚子、関西では揖保川沿いの播州・竜野、それに瀬戸内海海上交通の要衝だった小豆島です。

 小豆島で醤油の歴史が始まったのは豊臣時代の文禄年間(1592~1595)の頃で、富裕な塩浜主や村役人層の間で自家用として造られ始めたといわれています。海に囲まれた小豆島では中世以前から製塩業が盛んに行われ、近世に入っては豊臣、徳川両時代、天領として公儀へ塩を貢納することを例としていました。これにより京都ないし大阪の醸造家から塩廻船(しおまえせん)の船頭たちによって、きわめて自然に醤油造りの技術が小豆島にもたらされたのではないかと考えられています。また、紀州・湯浅より伝承されたとか、豊臣秀吉が大坂城築城の折、小豆島の石を採取するために来島した武士達によって製法がもたらされたともいわれています。
 江戸時代後期の文化年間(1804)以降になると、小豆島では一般農民層にも醤油の自家醸造が広がり始めました。ところがその頃、瀬戸内各地で塩が生産過剰になり、小豆島でも休浜や廃浜が続出し、これ付随した塩問屋、廻船業も衰退していきました。そのとき、塩を利用して自家製として造られていた醤油が、しだいに営業化していき、醤油醸造業が出現していきました。小豆島の醤油が島外に販売されたのは、文化6年(1809)に安田村の醸造家・高橋(橋本屋)文右衛門が大阪の問屋へ販売したのが初めてだといわれています。

 その後、小豆島の醤油産業は、京阪神を中心に市場を築いて発展の一途を辿り、明治10~20年頃には最盛期を迎え、醸造家は実に400軒を数えたといわれています。
 これは、小豆島が瀬戸内海海上交通の要所であることから、九州から原料である大豆、小麦を容易に移入できるとともに、天下の台所である大阪を対岸に望むという恵まれた立地条件を有していること。主原料である良質の塩が豊富で、しかも温暖で乾燥した気候が麹菌の発育やもろみの熟成に大変適していること。さらに幕府の直轄地である天領であったため比較的自由な支配の下にあり、格別の保護や規制を受けなかったことなどが要因だと考えられています。

 戦後、小豆島の醤油は新たな商品を生み出します。終戦直後、小豆島醤油業界も厳しい経済統制の下、原材料の入手難が続き、閉塞状態にありました。このとき、苗羽出身の武部吉次は、永年醤油業に携わっていた経験を活かし、醤油を調味料とした佃煮生産を思い立ち、島に豊富で入手容易な「いもづる」に着目しました。昭和20年9月26日、吉次は「いもずる」を原料とした佃煮50貫余を炊き、阪神方面へ出荷しました。その後小豆島は、伝統ある醤油に支えられ、年々発展して我国屈指の佃煮産地としてもその声価を高めていきました。

続きを読む

テーマ : 香川
ジャンル : 地域情報

(22)“島原の乱と小豆島そうめん”

 小豆島はそうめんの産地です。その起源は、今から約400年前の江戸時代の初めの頃までさかのぼり、1598年(慶長3年)に小豆島から伊勢参りに出かけた人がその帰路にある奈良の三輪でそうめん製造を学び持ち帰ったことだとされています。この小豆島そうめんと、あの天草四郎で有名な島原の乱とは、歴史の糸で結ばれています。

 小豆島にそうめんが伝わってから約40年後の1637年(寛永14年)に島原の乱が起こりました。島原半島およびその南の天草の農民が島原藩主松倉重政の圧政と過酷なキリシタン弾圧に耐えかねて、天草四郎時貞を頭に原城に立てこもりました。原城跡は現在の南有馬町にあります。江戸幕府は西国大名を大挙動員して鎮圧に向かわせましたが、幕府側掃討軍の指揮官であった板倉重昌が戦死するなど、3ヶ月以上の長期戦となりました。しかし、結局、原城は落城し、反乱軍は全員処刑されました。

 このときに島原半島南部の住民はことごとく絶えてしまい、人口が激減して労働力不足が生じてしまいました。このため、幕府は九州をはじめ各地から強制的に民人を島原に移住させ、労働力不足を補いました。特に当時幕府直轄地であった讃岐の小豆島からは二・三男の移住を要請し、多くの移民が当地に集められてきたといいます。そしてその移民の中に素麺造りの匠たちが混じっていたことがこの土地での素麺づくりの起源だといわれています。

 島原半島内の有家町と隣の西有家町は島原そうめんの産地で、特に西有家町の須川地区が島原そうめんの発祥の地といわれています。小豆島より来たと伝えている家々では、いずれも先祖が移住の際に持ってきたという「くわんす」という茶釜を受け伝えているそうです。また戒名を記した古い墓碑には「…生国小豆島…」の文字が判然と出ているものも残っているそうです。

続きを読む

テーマ : 香川
ジャンル : 地域情報

四国のブログ

FC2Blog Ranking

全記事(数)表示
全タイトルを表示
讃岐
リンク
カウンター
琴平電気鉄道
栗林公園・一宮・金毘羅に便利 !
映画DVDファッション雑誌無料ブログパーツ
カテゴリー
歴史・旅行リンク
にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村 トラコミュ 讃岐の伝説へ
讃岐の伝説
にほんブログ村 トラコミュ 高松松平藩へ
高松松平藩
にほんブログ村 トラコミュ 日本の文化へ
日本の文化
最近の記事
天気予報
高松の天気予報
-天気- -FC2-
最近のコメント
時計
出来屋の電光掲示板
QRコード
QRコード
国盗りカウンター
プロフィール

讃岐の出来屋

Author:讃岐の出来屋
おいでま~せ、出来屋のページヘ""

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。